ご理解とご協力に心から感謝申し上げます。

9月 20th, 2017

——————————————————–

仙台夜まわりグループ支援活動スケジュール

仙台夜まわりグループ2018年7月支援活動予定
仙台夜まわりグループ2018年8月支援活動予定

特定非営利活動法人仙台夜まわりグループ連絡先

事務所電話:022-783-3123 (tel/fax)
電子メール:yomawari@medialogo.com
住所:〒983-0044 仙台市宮城野区宮千代2-10-12

——————————————————–

路上生活者、生活困窮者支援のため賛助会員、会員、カンパを募集しております。お願い申し上げます。

現在不足している物資です。

現在、敷布団、夏用かけ布団が不足しています。引き続き、ご協力をよろしくお願い申しあげます。

——————————————————-

HELP!みやぎ ー生活困窮者ほっとライン
対面相談が原則です)
受付電話番号 050-5539-6789
受付時間 8:00〜21:30 年中無休
skype: helpmiyagi

専門相談員による面談コーナーを開設しています。

日曜定休
相談時間 9:30〜12:30
相談場所 みやぎNPOプラザ(仙台市宮城野区榴ヶ岡5)
※ 月曜日のみ、旧清流ホームにて相談します。
※ 部屋は日によって変わります。

相談受付は、年中無休で対応。人生をあきらめる前に、まずはご一報ください。

IP電話による転送のため、一般電話より少々時間がかかりますが、繋がるまで諦めずにお待ちください。

相談センター「HELP みやぎ」チラシ
相談センター「HELP みやぎ」ご案内

——————————————————-

ネットカフェ、24時間喫茶などで寝泊まりしている方々へ

アンケート調査にご協力ください。アンケートに協力くださった方に、マックカードを差し上げます。明日をどう過ごしてよいのか不安な中にいる方々の相談にも乗ります。

連絡先 050-5539-6789
HELP!みやぎで常時受け付けています。

——————————————————-

ヴォランティア研修会にご参加ください

ヴォランティア募集

次回の研修会は、

2018年7月13日 (土) 14:00から、
みやぎNPOプラザ(仙台市宮城野区榴ヶ岡5)交流スペースにて開催します。

※ ヴォランティア参加希望の方は、事前に研修会にご参加ください。研修会は、予約制となっています。参加ご希望の方は、050-5539-6789 までご連絡ください。
——————————————————

支援物資提供のご協力を心から感謝します。リユースマーケットで家電の入手が困難になっています。

自律するのに必要な単身用の中古の洗濯機・冷蔵庫・炊飯器・ガス台・TVが不足しています。

調整ができれば、仙台市周辺に取りにいくこともできます。まずはお電話いただければ幸いです。090-1376-7419
皆様からの寄附をお待ちしております。

——————————————————
Rebuilding the foundation: how communities must address root causes for society’s outsiders, the homeless
——————————————————-
掲載記事等

2018年5月 仙台市内ネットカフェ調査/NPO法人仙台夜まわりグループ編集
2018年4月 「フクシマ」で経験したこと ー元除染作業員の手記ー/NPO法人仙台夜まわりグループ編集
2018年2月 大切なことを「路上」から教わった/杜の伝言板ゆるる
2017年12月 杜の伝言板ゆるる
2017年1月 仙台市市民活動サポートセンター通信 パレット
2017年1月 みやぎ社会貢献大賞/杜の伝言板ゆるる
2016年11月〈NPOの杜〉冬を迎える路上生活者/河北新報
2016年7月 路上生活者 復興工事終わり困窮/毎日新聞
2016年1月 見えにくい女性の貧困/河北新報
2016年1月 県内にも女性ホームレス/毎日新聞
2015年12月 屋根のある人もない人も、かけがえのない命/杜の伝言板ゆるる
2015年11月 みんみん「ライブラリレー」

2018.7.21 有償清掃ヴォランティア

7月 21st, 2018

早朝から厳しい日差しが降り注ぐ中、清掃ヴォランティア活動を行いました。

開始時間前から集合場所に集まっていた路上生活者たちは、チリ挟みとゴミ袋を手に仙台駅周辺を清掃し、歩道に落ちていた空き缶、ペットボトル、吸殻等を丁寧に拾い集めました。

作業終了後は、冷たいお茶で一息つき、それぞれ戻って行きました。

帰り際の一人ひとりに、こまめに水分補強をするなどして熱中症対策を怠らぬよう声をかけました。

2018.7.19 定例 ゆっくり過ごす会

7月 19th, 2018

厳しい暑さの中、みやぎNPOプラザで、路上生活者、生活困窮者を主賓にしたサロン活動が行われました。

汗だくで集まった参加者は、ポテサラ丼で空腹を満たし、ドリップコーヒーや新聞、漫画、映画鑑賞、散髪で午前のひとときをゆっくり過ごしました。

この活動は、日毎の糧や居場所を得られない生活困窮者、路上生活者の命を繋ぐ場、やり直しの良き機会となっています。

皆様からのご支援、ご協力を何卒よろしくお願いいたします。

2018.7.18 安否確認 お宅訪問

7月 18th, 2018

安否確認を兼ねて、路上を脱却した独居者のお宅を何軒も訪問し、健康状態を尋ね、それぞれが抱えている課題解決の進捗状況を確認しました。

帰り際に、厳しい暑さが続いているので水分補給を怠らぬようアドヴァイスしました。

仙台夜まわりグループでは、お部屋に入った方々が、地域に根付いて生活できるよう、定期訪問相談対応活動を継続しています。

2018.7.17 アフターフォロー 日帰り温泉

7月 17th, 2018

民間のアパートや公営住宅で一人暮らしをしている元当事者と、日帰り温泉に出かけました。

参加者は、源泉掛け流しの温泉を堪能し、涼しい部屋で美味しい昼食に舌鼓を打ちながら、和やかに近況を語り合いました。

帰りがけには、地元名物のおはぎを購入し、参加者は大満足していました。

仙台夜まわりグループでは、アフターフォローの一環として、互いの親睦を深められるような企画を実施しています。


2018.7.16 定例 衛生改善事業

7月 16th, 2018

三連休の最終日に、衛生改善事業がおこなわれました。

蒸し暑さの中、汗まみれでやって来た路上生活者たちは、順番にシャワーを浴び、衣類等を洗濯しました。待ち時間には、冷製ポトフ定食とデザートのプチケーキで空腹を満たしました。

この活動は、路上生活者が身の回りを清潔にし、自立への思いを失わないようにする事を目的に、仙台市の委託事業として実施しています。

2018.7.15 厚労省 ホームレス概数調査結果

7月 15th, 2018

仙台夜まわりグループでは、今年1月に、厚労省によるホームレス概数調査の委託を受け、仙台市内の調査を実施しました。

このたび厚労省が公表した結果によると、宮城県内の路上生活者は99名、仙台市内は96名、栗原市、気仙沼市、塩釜市各1名でした。近年、全国的に路上生活者の数は減少傾向にあるにも関わらず、仙台市内では昨年比、1名の減少に過ぎず、東京23区及び政令指定都市(20都市)の中で、7番目の多さとなっています。

調査が実施された1月の仙台は、極寒の日々で、当事者は身を隠すように寒さを凌いでおり、調査で目視できなかった、いるはずの当事者たちが調査人数に反映されていません。

2018年1月概数調査結果
全国4,977名(昨年5,534名 ▲557名)、仙台市96名(昨年97名 ▲1名)。

ホームレスの実態に関する全国調査(概数調査)結果 2018年

2018.7.14 スタッフ研修 講演会

7月 14th, 2018

公益財団法人せんだい男女共同参画財団の粥川登喜子氏を講師にお招きし、 「女性相談の現場」 をテーマにスタッフ研修 講演会を行いました。

仙台市男女参画推進センター エル・ソーラ仙台における相談支援活動の現場から、女性が置かれた状況やそれを取り巻く社会の課題についてお話しくださいました。講演の後には、活発な質疑応答が行われ、有意義な学びの時となりました。

この講演会は、独立行政法人福祉医療機構様から助成を受けて開催しました。

2018.7.14 有償清掃ヴォランティア

7月 14th, 2018

30度近い暑さの中、清掃ヴォランティア活動を行いました。

午前7時前に集合した路上生活者たちは、2つのグループに分かれて仙台駅周辺を清掃し、歩道や公園内に捨てられていた吸い殻、空き缶、瓶、ペットボトル等を丁寧に拾い集めました。

作業終了後は、冷たいお茶で一息つき、それぞれ戻って行きました。

この活動は、路上生活者が今日一日の糧を得、就労への思いを失わないようにすることを目的に、仙台市から一部助成を受けて実施しています。

2018.7.13 排水管詰まり 緊急対応

7月 13th, 2018

生活支援をしている元当事者から、台所のシンク下の排水管から水が溢れて困っているという申し出があり、急遽、部屋を訪ね、排水管の詰まりを取り除きました。

仙台夜まわりグループでは、長年寮生活を続けて来た元当事者が、住環境のトラブルに自らきちんと対応できるようになるために、丁寧な訪問支援を繰り返しています。

2018.7.12 月例 支援者懇談会

7月 12th, 2018

仙台市健康福祉局担当部署と路上生活者支援活動を実施している諸団体が一堂に会し、月例支援者懇談会を行いました。

懇談会では、仙台市の路上生活者の現状や自立支援施策について意見交換がなされました。

仙台夜まわりグループは、路上生活者を生み出し続ける構造的な問題を明らかにし、当事者たちに寄り添い、仙台市内の路上からの視点で、政策提言を続けていきます。