ご理解とご協力に心から感謝申し上げます。

12月 23rd, 2015

仙台駅周辺で、ネットカフェ、24時間喫茶などで寝泊まりしておられる方々へ

ネットカフェ、24時間喫茶等で寝泊まりしておられる方々を対象とした簡単な実態調査を行います(個人特定情報不要)。

2016年8月31日(水) 21:20〜21:45
集合場所:仙台駅東口マクドナルド前(支援物資の入ったレジかごが目印)+HELP!みやぎでは常時受付

4〜5分程度の生活現況に関する短い聞き取り調査に応じて下されば、協力して下さった方にマックカードを差し上げます。また、その際に諸相談にも応じます。

引き続き皆様のご協力をお願い申し上げます。

特定非営利活動法人 仙台夜まわりグループ
——————————————————-
Rebuilding the foundation: how communities must address root causes for society’s outsiders, the homeless
——————————————————-
支援活動スケジュール
仙台夜まわりグループ2016年8月支援活動予定
仙台夜まわりグループ2016年9月支援活動予定
ホームレス支援活動へのご協力のお願い
——————————————————-
掲載記事等
2016年7月 路上生活者 復興工事終わり困窮/毎日新聞
2016年1月 見えにくい女性の貧困/河北新報
2016年1月 県内にも女性ホームレス/毎日新聞
2015年12月 屋根のある人もない人も、かけがえのない命
2015年11月 みんみん「ライブラリレー」

——————————————————-
空き家、空き部屋、事務所の荷物片付けの仕事をいたします。

090-1376-7419 (9:00-12:00)まで。
この事業は、生活困窮者等が生活のリズムや就労意欲を失わないよう、就労機会を提供するために行っています。

尚、ゴミ処分や廃棄物処理は行っておりません。予めご了解をよろしくお願いいたします。
——————————————————

HELP!みやぎー生活困窮者ほっとラインー案内チラシ
相談センター開設のご挨拶

名称:HELP!みやぎ ー生活困窮者ほっとライン
相談場所:みやぎNPOプラザ1F(宮城野区榴岡5)
受付電話:050-5539-6789
相談時間:10:00〜15:00(月曜定休)
予約受付:8:00〜21:30(年中無休)

——————————————————

特定非営利活動法人 仙台夜まわりグループ 連絡先

事務所電話:022-783-3123 (tel/fax)
総合受付電話:050-5539-4443
電子メール:yomawari@medialogo.com

——————————————————
支援物資提供のご協力を心から感謝します。リユースマーケットで家電の入手が困難になっています。

自律するのに必要な単身用の中古の洗濯機(水漏れなどが無いもの)・冷蔵庫(2008年以降のもの)・炊飯器・ガス台・テレビが足りません。

調整ができれば、仙台市周辺なら取りにいくこともできます。まずは事務所の留守電にお名前と電話番号と提供物資名を残してくだされば、折り返し連絡を差し上げます。

この時期、夏物衣料、下着(特にLサイズ以上のトランクス)、夏がけタオルケット、夏かけ布団、敷き布団、敷布、寝袋、毛布(未使用)、蚊とり線香、テレフォンカード、米、カレールー、カップラーメン、レトルトカレー、インスタントラーメン、インスタントコーヒー、缶詰、飴玉、ヤカン、フライパン、カセットコンロが不足しております。お手元にございましたら、ぜひご提供をお願いします。

路上生活を余儀なくされている方々への支援活動のための、支援物資提供・カンパのご協力をお願い申し上げます。

不足している支援物資

2016.8.27 カレー炊き出し

8月 27th, 2016

雨天のため、仙台福祉プラザの軒下を借りて、炊き出しをおこない、路上生活者、生活困窮者がやって来ました。

参加者は、カレーライスを何杯もお代わりして空腹を満たし、全国の支援者から提供された物資を手にしました。

仙台では、週明けに強い台風が近づいて来るので、雨風に用心するよう、帰り際のひとり一人に声かけしました。

2016.8.27 有償清掃ボランティア

8月 27th, 2016

昨夜からの雨が降り続く中、清掃ボランティア活動が行われ、多くの路上生活者が集まりました。

参加者は、仙台駅東口周辺を丁寧に清掃し、煙草の吸い殻、空き缶、ビン、ペットボトル等捨、大量のゴミを拾い集めました。

作業終了後は、お茶で一息つき、それぞれ戻って行きました。

この活動は、当事者が終了意欲を失わないことを目的に、仙台市から一部助成を受けて実施しています。

2016.8.26 居宅確保支援

8月 26th, 2016

除せんの雇用期間が終了し、寮を出されてしまうという相談を受け、人道的見地から、居宅確保支援をおこないました。

本人によると、不安定就労、不安定住居の中で、綱渡りのような毎日を過ごしている仲間たちが、少なくとも100人以上いるということでした。

今後は、安定した住居を確保した上で、求職活動をおこなうようアドヴァイスし、伴走を約束しました。

2016.8.25 定例 ゆっくり過ごす会

8月 25th, 2016

木曜定例のゆっくり過ごす会がおこなわれ、多くの路上生活者、生活困窮者が集まりました。

参加者は、野菜甘煮丼で空腹を満たし、新聞、映画鑑賞で午前中のひとときを過ごしました。

知人宅敷地内の倉庫で寝泊まりしていたものの、これ以上いられないという参加者からの相談があり、HELP!みやぎで諸提案をし、居場所確保支援を約束しました。

2016.8.24 夜まわり

8月 24th, 2016

週末に予定されている炊き出しの情宣を兼ねて、夜まわりを行いました。

ボランティアは、三班に分かれて市内中心部や郊外を巡回し、路上生活者一人一人に声をかけながら支援物資を手渡しました。

震災復興関係の仕事に就いたものの失業し、路上生活を余儀なくされた方や、ネットカフェで寝泊まりしている方など、この数ヶ月で最も多くの当事者に出会いました。

東日本大震災後から5年以上経過した今、復興関連の仕事を求めて全国から集まった人たちが職を失い、路上に溢れ出て来ています。

2016.8.22 緊急 居所確保支援

8月 22nd, 2016

除染の仕事に就いたにもかかわらず、一向に仕事が始まらず、寮を飛び出して来てしまったという相談があり、人道的見地から、急遽、居所確保をおこないました。

不安定就労、不安定住居の状態では、その日暮らしの生活から抜け出すことができません。今後は、職場と住まいを分離して設定するようにアドヴァイスし、伴走を約束しました。

2016.8.22 定例 衛生改善事業

8月 22nd, 2016

路上生活者が、身の回りを清潔にし、自律への思いを失わないことを目的とした衛生改善事業がおこなわれ、多くの当事者が洗濯物を抱えながら集まりました。

参加者は、シャワーを浴びて汗と垢を落とし、洗濯で衣類等をきれいにしました。待ち時間には、ポテトサラダ定食で空腹を満たし、ヴォランティア手づくりのカステラに舌鼓を打ちました。

東日本大震災で被災し、仮設住宅に入居したにもかかわらず、期限が切れ、追い出されたという初参加者に、支援活動スケジュールを手渡し、今後の伴走を約束しました。

2016.8.20 お宅訪問 安否確認

8月 20th, 2016

路上生活を脱却し、居所を確保した独り暮らしの高齢者を訪ね、近況を聞き、相談に応じました。

ある方は、近くの池で採って来たザリガニを水槽で飼っており、嬉しそうに見せてくれました。

2016.8.20 有償清掃ヴォランティア

8月 20th, 2016

早朝7時から有償清掃ヴォランティア作業が行われました。参加者は、二班に分かれ、塵ばさみとビニール袋を手に、市内中心部を清掃しました。

今朝は、小雨が降る悪天候でしたが、皆、真剣にゴミを拾い集めていました。

清掃後は、お茶で一息つきました。

2016.8.18 定例 ゆっくり過ごす会

8月 18th, 2016

蒸し暑さの中、ゆっくり過ごす会が行われ、多くの路上生活者、生活困窮者が集まりました。

参加者は、新鮮野菜添え中華丼で空腹を満たし、コーヒー、漫画、雑誌、映画鑑賞、散髪で午前中のひとときを過ごしました。