特定非営利活動法人仙台夜まわりグループ

8月 22nd, 2018

特定非営利活動法人仙台夜まわりグループ活動紹介

仙台夜まわりグループ活動紹介

仙台夜まわりグループ連絡先

事務所電話:022-783-3123 (tel/fax)
電子メール:yomawari@medialogo.com
住所:〒983-0044 仙台市宮城野区宮千代2-10-12

私たちの活動は、外に出かけて行き一人でも多くの路上生活者と出会うことを旨としており、それ以外の日時は事務での直接対応はできない状況にあります。事務所での対応は火曜日と金曜日の午前10時〜午後2時となっています。それ以外は、大変恐縮ですが、留守電にメッセージを残してください。どうかご理解、ご協力をお願いします。

——————————————————-

支援活動スケジュール(2020.8.1現在)

2020年8月支援活動スケジュール

——————————————————

仕事や住まいを失って生活苦に陥っている皆さんへ

生活相談を年中無休で受け付けています。新型コロナウイルス感染症の影響で困難にある方々、諸事情で生活苦にある方々、国や地方自治体の諸制度を最大限活用し、この苦境を乗り切る方策を一緒に考え、取り戻しの歩みを開いていきましょう。まずはご一報ください。

HELP!みやぎ ー生活困窮者ほっとライン
受付電話番号 050-5539-6789
電話受付時間 8:00〜21:30 年中無休で相談受付を対応しています
skype: helpmiyagi

相談時間 9:30〜12:30
相談場所 :待ち合わせ場所を打ち合わせをし、対面相談をいたします。

相談センター「HELPみやぎ」チラシ

HELP!みやぎ ー生活困窮者ほっとラインは、日本郵便株式会社様から、2020年度年賀寄附金配分を受けて運営しています。

——————————————————

ランティアの皆さんへのお願い

新型コロナウイルス感染症の影響で、支援諸団体の活動に影響が出ていますが、仙台夜まわりグループでは、路上生活者、生活困窮者支援は「不要不急」でなく「必要不可欠な命の急を要するライフライン」と受けとめ、できる限りの感染防止策を講じ、支援活動を実施しています。

ただし、公共の施設は、厳しい利用制限(定員の1/2という条件)があり、やむなく限られた有給スタッフで支援活動を行っています。それに伴い、夜まわり、大人食堂、炊き出し、セミナー・食事会へのボランティア参加は、当面、休止させていただいております。8月8日のボランティア研修会は、人数制限を設けて開催予定です。

ご理解、ご協力を、何卒よろしくお願いします。

ヴォランティア募集

※ 支援活動にボランティア参加希望の方は、事前に研修会にご参加ください。研修会は、毎月第二土曜日開始で、予約制となっています。参加ご希望の方は、050-5539-6789 までご連絡ください。

——————————————————

掲載記事、アンケート調査結果等

2020.8.1 新型コロナウイルス感染症及び、特別定額給付金に関するアンケート調査結果

2020.8.1 新型コロナウイルス感染症及び、特別定額給付金に関するアンケート調査結果

2020.7.6 コロナで一転、路上生活者に 仙台で困窮層拡大 | 河北新報オンラインニュース

2020.7.6 コロナで一転、路上生活者に 仙台で困窮層拡大 | 河北新報オンラインニュース

2020.7.4 新型コロナウイルス感染症及び、特別定額給付金に関するアンケート調査結果

2020.7.4 路上生活者、生活困窮者への新型コロナウイルス感染症及び、特別定額給付金に関するアンケート調査

2020.6.22 新型コロナウイルス感染症影響下における仙台市内の路上生活者の状況分析

2020.6.22 特別定額給付金に関する路上生活者、生活困窮者へのアンケート調査

2020.4.4〜5.8相談センターHELP!みやぎヘの相談数

2020.4〜5月新型コロナウイルス影響下でのホームレス支援活動参加者数

2020.5.24 しんぶん赤旗

仙台 コロナ禍 路上生活者に:若い人が次つぎ住み家を失う:住所なく「10万円」受け取れず:民間団体、支援に懸命

2020.4.29 NHK

仕事や住む場所失った人に食料配る支援活動 仙台 コロナ影響 | NHKニュース

2020.4.29 東日本放送

コロナショックで仙台のホームレス増加 | KHB東日本放送

2020.4.29 東日本放送

https://www.youtube.com/watch?v=7lcvnGfdVEc

2020.4.27 河北新報夕刊

<とびらを開く>コロナ禍に向き合う 路上生活者支援の仙台夜まわりグループ | 河北新報オンラインニュース

2020.4.27 河北新報朝刊

仙台でホームレス増加 若年層の相談が相次ぐ | 河北新報オンラインニュース

 

2019.12.2 河北新報夕刊「志民の輪」掲載記事

<とびらを開く>路上生活者救済に力 仙台夜まわりグループ | 河北新報オンラインニュース

仙台市内の路上生活者の現状

仙台市内の路上生活者の現状 2019

2019 仙台市内の路上生活者に関する一考察

仙台市内の路上生活者に関する一考察

——————————————————-

寄付金・カンパのお願い

路上生活者、生活困窮者支援のため寄付金・カンパを募っています。また、賛助会員、会員を募集しております。ご協力のほどよろしくお願いします。

・郵便振替02240−5−66005 仙台夜まわりグループ

七十七銀行 八本松支店 普通5214271 トクヒ.センダイヨマワリグループ

・宮城第一信用金庫 保春院前支店 普通1014823 トクヒ)センダイヨマワリグループ

・PayPalアカウント:yomawari@medialogo.com

——————————————————-

支援物資提供のお願い

皆様からのご協力を心から感謝します。
現在、路上生活者、生活困窮者に提供する物資が不足しています。

夏物男性衣類、男性下着、靴下、履き尽くしていない運動靴、マスク、消毒液、玄米、白米、カップ麺、インスタントラーメン、レトルト食品、缶詰、菓子類が必要です。

2020年8月現在支援活動で必要な物資

防寒着・厚手の上下衣類の受付は終了しました、ご協力ありがとうございました。

また、部屋を確保して自律を目指す路上生活者に提供する日用品や家電が不足しています。

洗濯機・冷蔵庫・炊飯器・ガス台・テレビ・単身用テーブルが足りません。

布団類・毛布の受付は終了しました。ご協力ありがとうございました。

022-783-3123 (tel/fax) まで、ご連絡お待ちしております。

カレンダー、アメニティ類は充分揃いましたので受付を終了させていただきます。ご協力ありがとうございました。

——————————————————-

励ましのお手紙

私たちの活動は、多くの個人、団体の皆様からのご支援、ご協力によって成り立っています。心から感謝申し上げます。
支援品に添えられた励ましのお手紙の中から一部をご紹介させていただきます。
励ましのお手紙の数々

——————————————————

2019〜2020年 ホームレス川柳大賞

2019年末に、仙台市内の路上生活者たちが投稿してくれた川柳の数々です。世相を反映する路上からの言葉の数々に、私たちが生きる今の世界が問われ、足元を揺さぶられる思いになりました。去る1月4日のセミナー・食事会で、大賞、入賞の発表と表彰が行われました。

ホームレス川柳大賞

2020年1月23日付の河北新報夕刊一面「河北抄」で、ホームレス川柳大賞について取り上げられました。

2020.8.8 ビッグイシューベンダー会議

8月 8th, 2020

ビッグイシューの販売員と彼らを支援する有志による会議が行われ、販促について意見交換をしたり、情報交換等の懇談をしたりしました。

販売員によると、この頃は週末の夜も人出が少なく、販売数も減少傾向ということでした。ここにも、新型コロナウイルスの影響が出ています。

ビッグイシューは、ホームレスだけが販売できる雑誌で、これまで多くの方々が、ビッグイシュー販売をきっかけに自律を果たして来ました。

今回、新たに販売員になった当事者がいます。勾当台公園周辺で販売していますので、ご購入のほど、よろしくお願いします。

2020.8.8 ヴォランティア研修会

8月 8th, 2020

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休止していたヴォランティア研修会を、再開しました。

集まった参加者に対して、仙台夜まわりグループの沿革や仙台市内のホームレスの現状についてレクチャーし、その後、活発な質疑応答がなされました。

ヴォランティア研修会は、来月以降も、毎月第二土曜日に開催予定です。参加は予約制となっていますので、事前にご連絡をお願いします。

但し、支援活動へのヴォランティア参加は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当面、休止としています。ご理解、ご協力をお願いします。

2020.8.8 外国籍留学生 緊急支援

8月 8th, 2020

留学生の相談支援機関から紹介されたという、東南アジアの留学生から相談がありました。

日本に来て専門学校で学んでいるが、コロナ感染症の影響でバイトを失い、生活費や食費を自分で稼ぐことができず、生活するのがとても苦しいという相談でした。

その場で緊急に食糧を支援し、今後も継続して支援していくことを約束しました。

最後に、日本でいま頑張って勉強して、将来は自国で日本語の先生になりたいと話してくれました。

コロナ感染症による影響は、最も見えづらい立場にある人々に現れています。

各種関係機関と連携することで、声が届きにくい困窮者との関係ができています。

2020.8.8 依存症者 清掃活動

8月 8th, 2020

アルコールやギャンブル依存からの回復を目指す元当事者たちが、規則正しい生活を身につけることを目的とした、清掃活動を実施しました。

参加者たちは、チリバサミとゴミ袋を手に、若林区内の住宅街周辺のゴミ拾いを丁寧におこないました。

この活動は、一般社団法人パチンコ・パチスロ社会貢献機構様から助成を受けて実施しています。

2020.8.8 有償清掃ヴォランティア

8月 8th, 2020

早朝7時から清掃ヴォランティア活動を行いました。

集まった路上生活者たちは、チリバサミとゴミ袋を手に、2つのグループに分かれて市内中心部を清掃し、歩道に捨てられていた吸い殻、ペットボトル、空き缶等を拾い集めました。

作業終了後は、お茶で一息つき、それぞれ戻って行きました。

この活動は、路上生活が今日の糧を得、自立への思いを失わないようにすることを目的に、仙台市から一部助成を受けて実施しています。

2020.8.6 第76回 大人食堂(第798回 ゆっくり過ごす会)

8月 6th, 2020

木曜定例の、大人食堂が開催されました。

厳しい暑さの中、みやぎNPOプラザに集まった参加者たちは、非接触型体温計での検温と手のアルコール消毒をした後に、ナス挽き肉炒め丼やおにぎり、味噌汁で空腹を満たしました。

食事の後、新聞や散髪、コーヒーなどで、午前のでひとときを過ごしました。

帰り際の一人ひとりに、今週末からの盆休みに新型コロナウイルスの感染リスクが高まる可能性があるので、手洗いとマスクを心がけ、人混みを避ける等して、身を守るよう呼びかけました。

2020.8.6 深夜夜まわり

8月 6th, 2020

通常の夜まわりでは出会えない路上生活者と出会うべく、深夜に巡回を行いました。

駅周辺や公園で、今まで出会ったことのない当事者を見つけました。

眠っている一人ひとりの枕元に、支援活動スケジュールのチラシとマスクを置きました。

2020.8.5 アンケート調査結果

8月 5th, 2020

去る8月1日、仙台福祉プラザで開催されたセミナー・食事会において、26名の路上生活者、生活困窮者を対象としたアンケート調査を実施しました。結果、以下のことが明らかになりました。さらに詳しく分析し、今後の支援活動に生かして行きます。

1.  平均年齢:56才。
2.  路上生活歴平均:4年。10年近い長期の方々と数ヶ月間の短期の方々が極端に二分される。
3.  出身地:宮城県50%、宮城県を含む東北各県73%、その他27%  北海道、関東圏、大阪圏。
4.  定額給付金を申請しましたか? した52%、しない48%   申請しない理由-  住民票がない。住民票が職権消除されている。その他。
5.  現在の体調はどうですか?:良い70%、悪い30%  足腰が痛い。身体中が痛い。体が怠い。糖尿病で辛い。高血圧が不安。精神的パニック。
6.  現在不安なことがありますか?:金がない。日雇いの仕事をしているが年をとって体がきつい。前歯が欠けて辛いがどうしたら良いかわからない。金がなく食べられない。生活全てが不安。
7.  行政やNPOへの要望はありますか?:土曜日の清掃アルバイトの回数を月3回から4回に増やしてほしい。生活保護申請の際の行政の査定が厳しい。路上生活者のための居場所や食事提供の機会を増やしてほしい。NPOの支援活動を継続してほしい。どうせ書いても何も変わらず無駄だと思うのでいいです。
8.  新型コロナウイルス感染症で心配なことがありますか?:PCR検査を誰でも受けられるようにしてほしい。コロナ収束を願う。手洗いや消毒を心がける。お盆の時期に人混みが増えるので感染しないよう気をつける。感染してしまうことだけでなく、感染させてしまうことがとても不安。

2020.8.3 定例 衛生改善事業

8月 3rd, 2020

路上生活者が、身の回りを清潔にし、自立への思いを失わないようにすることを目的とした衛生改善事業が行われました。

参加者たちは、検温や手洗いの後に、順番にシャワーを浴び、衣類等を洗濯しました。待ち時間には、スタッフ手作りのおくずかけ定食で空腹を満たしました。

季節毎にタペストリーを手作りしてくださっているボランティアが、本日、花火大会の貼り絵を提供してくださったので、早速、会場の壁に掲示しました。

この活動は、仙台市の委託事業として実施しています。

2020.8.1 セミナー・食事会

8月 1st, 2020

仙台福祉プラザで、セミナー・食事会を行いました。

参加者は、清掃アルバイト登録やアンケート記入後に、弁当や、全国の支援者から提供された支援物資を手にしました。

弁当配布に先立つセミナーでは、仙台夜まわりグループのスタッフが、特別定額給付金や新型コロナウイルス感染症について説明をしました。