ご理解とご協力に心から感謝申し上げます。

12月 23rd, 2015

電話相談「HELP!みやぎ」
電話相談開設のご挨拶

名称:HELP!みやぎ ー生活困窮者ほっとライン
相談受付:050-5539-6789
相談時間:8:00〜21:30(年中無休)

生活困窮、生きづまり、よろず相談に、いつでも対応します。
あきらめる前に、まずはご一報ください。

※DVをはじめ、女性の相談も受け付けています。お気軽にご相談ください。
——————————————————-
ネットカフェ、24時間喫茶などで寝泊まりしておられる方々へ

明日の仕事の連絡を頼りに今を過ごしている方はいませんか。生活に困窮している方、将来の不安を抱いている方の相談に乗ります。
050-5539-6789

2016年12月21日(水) 21:20〜21:45
集合場所:仙台駅東口マクドナルド前(支援物資の入ったレジかごが目印)+HELP!みやぎでは常時受付

お話をお聞かせください。お待ちしております。来ていただいた方には、支援の一環としてマックカードを差し上げます。
——————————————————-
支援活動スケジュール

仙台夜まわりグループ2016年12月支援活動予定
仙台夜まわりグループ2017年1月支援活動予定
仙台夜まわりグループ2016-2017年末年始 越冬支援活動予定
——————————————————-
厳しい寒さの季節になりました。これから来年3月までの間の越冬支援期間、最悪の状況が起こらないよう、万全の態勢で臨みます。現在、防寒衣類や寝袋が不足しています。新品でなくても洗濯してあれば結構です。どうかご支援ください。
宮城野区宮千代の事務所には火曜日と金曜日の10:00-15:00に、パートの事務員が詰めています。献品のご協力をお願い申し上げます。

特定非営利活動法人 仙台夜まわりグループ 連絡先

事務所電話:022-783-3123 (tel/fax)
電子メール:yomawari@medialogo.com
住所:〒983-0044 仙台市宮城野区宮千代2-10-12

——————————————————-
Rebuilding the foundation: how communities must address root causes for society’s outsiders, the homeless

——————————————————-
掲載記事等
2016年11月〈NPOの杜〉冬を迎える路上生活者/河北新報
2016年7月 路上生活者 復興工事終わり困窮/毎日新聞
2016年1月 見えにくい女性の貧困/河北新報
2016年1月 県内にも女性ホームレス/毎日新聞
2015年12月 屋根のある人もない人も、かけがえのない命
2015年11月 みんみん「ライブラリレー」

——————————————————
空き家、空き部屋、事務所の荷物片付けの仕事をいたします。

090-1376-7419 (9:00-12:00)まで。
この事業は、生活困窮者等が生活のリズムや就労意欲を失わないよう、就労機会を提供するために行っています。

——————————————————
支援物資提供のご協力を心から感謝します。リユースマーケットで家電の入手が困難になっています。

自律するのに必要な単身用の中古の洗濯機(水漏れなどが無いもの)・冷蔵庫(2008年以降のもの)・炊飯器・ガス台・テレビが足りません。

調整ができれば、仙台市周辺なら取りにいくこともできます。まずは事務所の留守電にお名前と電話番号と提供物資名を残してくだされば、折り返し連絡を差し上げます。

この時期、冬物衣料、下着(特にLサイズ以上のトランクス)、ホッカイロ、カレールー、カップラーメン、インスタントラーメン、レトルト食品、インスタントコーヒー、缶詰、菓子、ヤカン、コーヒーカップ、フライパン、カセットコンロ、・寝袋、かけ布団(未使用)、敷き布団(未使用)、敷布(未使用)、毛布(未使用)がが不足しております。テレフォンカード、各種商品券、読み終わった文庫本、漫画等含め、お手元にございましたら、ぜひご提供をお願いします。

路上生活を余儀なくされている方々への支援活動のための、支援物資提供・カンパのご協力をお願い申し上げます。

不足している支援物資

2016.12.10 第一回 ヴォランティア研修会

12月 10th, 2016

本日、ヴォランティア参加を希望する方々を対象とした研修会が行われました。

仙台夜まわりグループの沿線や、理念等をお話した後、活発な質疑応答があり、有意義なひとときとなりました。

今後、ヴォランティア研修会は、毎月第二土曜日午後2時〜 みやぎNPOプラザで、定期開催することにしています。ヴォランティア参加希望の方は、ぜひご参加ください。

2016.12.10 有償清掃ヴォランティア 

12月 10th, 2016

今朝の気温は4度。寒さは感じるものの、仙台特有の吹きすさぶ風がない中での清掃ヴォランティア活動となりました。

参加者は、市内繁華街や商店街を丁寧に清掃し、大量のゴミを集めました。作業終了後は、熱いお茶で一服し、それぞれ戻って行きました。

日に日に寒さが厳しくなっているので、危急の事態に対応する準備を整えています。

2016.12.9 アフターフォロー お宅訪問

12月 9th, 2016

自律を果たし、住まいを設定した後も、アフターフォローを希望する方々のお宅を訪ね、しばらく歓談しました。

皆、元気そうで、それぞれの近況を熱心に話してくれました。

2016.12.8 定例 ゆっくり過ごす会

12月 8th, 2016

路上生活者、生活困窮者を対象としたサロン活動が行われ、当事者が大勢集まりました。

参加者は、ライスカレーで空腹を満たし、ドリップコーヒー、新聞、映画鑑賞で、午前中のひとときをゆっくり過ごしました。

職と住まいを同時に失い、途方に暮れているという初参加者からの相談があり、HELP!みやぎで諸提案をし、居宅確保に向けての伴走を約束しました。

2016.12.7 アフターフォロー お宅訪問

12月 7th, 2016

居宅を確保して自律途中にある高齢の方々を訪問し、世間話しに花を咲かせました。

ある方は、キティちゃんや綺麗な花が飾られた部屋で、のんびり日向ぼっこをしながら、これからの夢を語ってくれました。

2016.12.6 救急搬送同行

12月 6th, 2016

本日夕刻、居宅支援をしている高齢者が、風呂場で意識不明となり、救急搬送に同行しました。

幸い命は取り留めましたが、重篤であることが判明し、ICUで治療が必要とのことでした。

近親者がいないため、仙台夜まわりグループが身元引き受け人となって、今後の伴走をすることになりました。

「申し訳ない、申し訳ない」を繰り返す本人に、安心して治療に専念するよう、声かけしました。

2016.12.6 みやぎ社会貢献大賞 二次審査

12月 6th, 2016

本日、愛知揆一福祉振興会 みやぎ社会貢献大賞の二次審査が、アエルでおこなわれました。

書類審査を通過した他団体と共に、仙台夜まわりグループも参加し、宮城県内における路上生活者、生活困窮者支援活動についてプレゼンをしました。

2016.12.5 安否確認 お宅訪問

12月 5th, 2016

仙台夜まわりグループでは、路上生活を脱して居宅を確保した方々を定期的に訪問し、生活支援や相談対応を行っています。

本日、安否確認を兼ねて、独り暮らしの高齢者のお宅を訪ね、しばらく歓談し、困り事の相談に乗りました。

2016.12.5 定例 衛生改善事業

12月 5th, 2016

毎週月曜開催の衛生改善事業に、路上生活者たちが、洗濯物を抱えて集まりました。

参加者は、シャワーと洗濯で身の回りを清潔にし、待ち時間に、デザート付き納豆定食で空腹を満たしました。