ご理解とご協力に心から感謝申し上げます。

12月 23rd, 2015

路上生活を余儀なくされている方々への支援活動のための、支援物資提供・カンパのご協力をお願い申し上げます。

不足している支援物資


————————————————————–
生活困窮者相談 HELP!みやぎ
電話相談開設のご挨拶

名称:HELP!みやぎ ー生活困窮者ほっとライン
対面相談が原則です)
相談受付:050-5539-6789
相談受付時間:8:00〜21:30 年中無休
skype ID: helpmiyagi

生活困窮、いきづまり、よろず相談に、いつでも対応します。あきらめる前に、まずはご一報ください。

IP電話のため、一般電話より少々時間がかかりますが、繋がるまで諦めずにお待ちください。
——————————————————-
ネットカフェ、24時間喫茶などで寝泊まりしておられる方々へ

明日の仕事の連絡を頼りに今を過ごしている方はいませんか。生活に困窮している方、将来の不安を抱いている方の相談に乗ります。

050-5539-6789

2017年3月29日(水) 21:20〜21:45
集合場所:仙台駅東口マクドナルド前(支援物資の入ったレジかごが目印)+HELP!みやぎでは常時受付

お話をお聞かせください。お待ちしております。来ていただいた方には、支援の一環としてマックカードを差し上げます。
——————————————————-
支援活動スケジュール

仙台夜まわりグループ2017年3月支援活動予定
仙台夜まわりグループ2017年4月支援活動予定
——————————————————-
厳しい寒さが続いています。昨年11月から3月までの越冬支援期間に、最悪の状況が起こらないよう、万全の態勢で臨んでいます。

宮城野区宮千代の事務所には火曜と金曜の10:00-15:00に、パートの事務員が詰めています。前もってお電話くださると対応がよりスムーズにいきます。献品のご協力をよろしくお願い申し上げます。

特定非営利活動法人仙台夜まわりグループ連絡先

事務所電話:022-783-3123 (tel/fax)
電子メール:yomawari@medialogo.com
住所:〒983-0044 仙台市宮城野区宮千代2-10-12

——————————————————-
Rebuilding the foundation: how communities must address root causes for society’s outsiders, the homeless

——————————————————-
掲載記事等
2017年1月 仙台市市民活動サポートセンター通信 パレット
2017年1月 みやぎ社会貢献大賞/杜の伝言板ゆるる
2016年11月〈NPOの杜〉冬を迎える路上生活者/河北新報
2016年7月 路上生活者 復興工事終わり困窮/毎日新聞
2016年1月 見えにくい女性の貧困/河北新報
2016年1月 県内にも女性ホームレス/毎日新聞
2015年12月 屋根のある人もない人も、かけがえのない命
2015年11月 みんみん「ライブラリレー」

——————————————————
空き家の片付け等の仕事をいたします。

受付は 090-1376-7419 (9:00-12:00)まで。

この事業は、生活困窮者等が生活のリズムや就労意欲を失わないよう、就労機会を提供するために行っています。

——————————————————
支援物資提供のご協力を心から感謝します。リユースマーケットで家電の入手が困難になっています。

自律するのに必要な単身用の中古の洗濯機(水漏れなどが無いもの)・冷蔵庫(2008年以降のもの)・炊飯器・ガス台・テレビが足りません。

調整ができれば、仙台市周辺なら取りにいくこともできます。まずは事務所の留守電にお名前と電話番号と提供物資名を残してくだされば、折り返し連絡を差し上げます。

この時期、下着(特にLサイズ以上のトランクス)、ホッカイロ、カレールー、カップラーメン、インスタントラーメン、レトルト食品、インスタントコーヒー、缶詰、菓子、ヤカン、コーヒーカップ、フライパン、カセットコンロ、・寝袋、かけ布団(未使用)、敷き布団(未使用)、敷布(未使用)、毛布(未使用)がが不足しております。テレフォンカード、各種商品券、読み終わった文庫本、漫画等含め、お手元にございましたら、ぜひご提供をお願いします。

【緊急】支援物資のお願い

26-27.5cmの男性用運動靴が足りません。献品を宜しくお願いします。

————————-

仙台夜まわりグループでは、ヴォランティアを募集しています。

ヴォランティア大募集

4月のヴォランティア研修会は4月8日午後2時より、
宮城野区榴ヶ岡5 みやぎNPOプラザ 交流スペース
にて開催します。

2017.3.29 定例 夜まわり

3月 29th, 2017

週末の食事会・セミナーを前にしての定例の夜まわりが行われました。

初参加者も含め11名のヴォランティアが仙台駅西口駅前地上駐車場に集まり、三手に分かれて市内の公園などをまわり、ふたたび駅前で合流し、駅前のペデストリアンと地下道でバナナ、おにぎり、味噌汁、ゆで卵などを配りました。

初めて出会った当事者には、支援スケジュール表を渡して仙台市内の支援状況を簡単に説明し、明日のゆっくり過ごす会に参加するように勧めました。


2017.3.27 定例 衛生改善事業

3月 27th, 2017

冷たい雨の中、衛生改善事業が行われ、路上生活者たちが洗濯物を抱えて集まりました。

参加者は、熱いシャワーで体の汚れを落とし、洗濯をして衣類等を綺麗にしました。待ち時間には、デザート付きのポテトサラダ定食で空腹を満たしました。

この活動は、路上生活者が身の回りを清潔に保ち、自律への思いを失わないようにすることを目的に、仙台市から委託を受けて実施しています。

2017.3.25 定例 カレーライス炊き出し

3月 25th, 2017

 第四土曜日定例のカレーライスによる炊き出しを行いました。ヴォランティアを含め、約50名が仙台市福祉プラザ1階軒下に集まりました。

 路上生活者、生活困窮者たちは何杯もカレーライスをお代わりし、全国の支援者が寄せてくださった物資や愛媛の夕焼け山農園が送ってくださったみかんを受け取って帰りました。



2017.3.25 有償清掃ヴォランティア

3月 25th, 2017

路上生活者たちが、働く意欲を失わないようにすることを目的とした清掃ヴォランティア活動が行われ、早朝にも関わらず、多くの当事者が集まりました。

参加者は、二班に分かれて仙台市内を清掃し、たくさんのゴミを集めて集合場所に戻って来ました。

作業後は、熱いお茶で一息つき、それぞれ戻って行きました。

2017.3.23 定例 ゆっくり過ごす会

3月 23rd, 2017

日中に居場所を得られない、路上生活者、生活困窮者を主賓にしたサロン活動が行われ、多くの当事者がやって来ました。

参加者は、チキンライスで空腹を満たし、ドリップコーヒー、新聞、漫画、映画鑑賞で、午前中のひとときを過ごしました。

最近路上生活に陥ったという初参加者から相談があり、HELP!みやぎで聞き取りをし、仙台市自立支援センター入所等、自律への諸提案をしました。

2017.3.22 定例 夜まわり

3月 22nd, 2017

第四土曜のカレー炊き出しの情宣を兼ねて、夜まわりを行いました。

夜8時に集合したヴォランティアは、3班に分かれて市内各所を巡回し、行き会った当事者に声をかけながら、おにぎり、みそ汁、バナナ等を手渡しました。

路上生活に陥って間もない複数の当事者がおり、野外で横になっていたので、急遽、寝袋を提供しました。

仙台では今月になって、新たな路上生活が急増しています。現況の分析と緊急対応の必要性に迫られています。


2017.3.21 食糧提供 感謝

3月 21st, 2017

本日、フードバンク東北AGAIN様から、食糧の提供がありました。心から感謝いたします。

早速、自律途中の方々のお宅を訪ね、配布しました。

2017.3.20 定例 衛生改善事業

3月 20th, 2017

春を思わせる暖かな日差しの下、衛生改善事業が行われ、多くの路上生活者が洗濯物を抱えて集まりました。

参加者は、シャワーと洗濯で身の回りを清潔にし、待ち時間に、ドライカレーで空腹を満たしました。

最近路上生活に陥ってしまったいう複数の初参加者から相談があり、HELP!みやぎで、自律への諸提案をしました。

2017.3.18 定例 有償清掃ヴォランティア

3月 18th, 2017

早朝7時から路上生活者による有償清掃ヴォランティア活動が行われました。

参加者は、二班に分かれて市内中心部の歩道の清掃をし、大量のゴミが集まりました。清掃後は、お茶で一息つき、それぞれ戻って行きました。

当事者にとって、この清掃ヴォランティアは貴重な現金収入の機会であると共に、作業を通じて就労意欲が維持されています。

2017.3.16 食事会

3月 16th, 2017

仙台夜まわりグループでは、居宅を確保して自律途中にある方々と、定期的に親睦会を行い、交流を深めています。

本日、美味しいトンカツ屋で食事会が行われ、それぞれ好きなものを注文し、お腹いっぱいになるまで何杯もご飯をお代わりしていました。

食事をしながら、ひとり一人の近況を尋ね、困りごとの相談に乗りました。