特定非営利活動法人仙台夜まわりグループ

8月 22nd, 2018

特定非営利活動法人 仙台夜まわりグループ活動紹介

仙台夜まわりグループ活動紹介

仙台夜まわりグループ連絡先

事務所電話:022-783-3123 (tel/fax)
電子メール:yomawari@medialogo.com
住所:〒983-0044 仙台市宮城野区宮千代2-10-12

私たちの活動は、外に出かけて行き、一人でも多くの路上生活者と出会うことを旨としており、事務所での直接対応は火曜日と金曜日の午前10時〜午後2時となっています。大変恐縮ですが、それ以外の日時は、留守電にメッセージを残してくださいますようお願いします。

——————————————————-

支援活動予定とご協力のお願い(2020.11.28現在)

私たち仙台夜まわりグループは、毎年11月から翌年3月までを、越冬支援期間と位置づけ、厳寒の仙台で最悪の事態が起こらぬよう、万全の支援態勢を整え対応します。特に、公共機関や多くのNPOが休みに入る年末年始に、寄る辺ない当事者たちが無事に過ごすことができるよう、今年も、連日食糧支援を行う予定にしています。

現在、防寒着、寝袋、ホッカイロ、カップ麺、袋入りラーメン、レトルト食品、缶詰、果物、個包装されたお菓子、清涼飲料水が足りません。また、路上を脱却してお部屋に入居する方々のための冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、テレビ、ガスコンロ、単身用ローテーブル、来年のカレンダー・手帳が必要です。

どうか、皆様のご理解、ご協力をお願いします。

2020年11月支援活動スケジュール

2020年12月支援活動スケジュール

2020.12.26〜2021.1.6 年末年始支援活動スケジュール

——————————————————

仕事や住まいを失って生活苦に陥っている皆さんへ

生活相談を年中無休で受け付けています。新型コロナウイルス感染症の影響で困難にある方々、諸事情で生活苦にある方々、国や地方自治体の諸制度を最大限活用し、この苦境を乗り切る方策を一緒に考え、取り戻しの歩みを開いていきましょう。まずはご一報ください。

HELP!みやぎ ー生活困窮者ほっとライン
受付電話番号 050-5539-6789
電話受付時間 8:00〜21:30 年中無休で相談受付を対応しています
skype: helpmiyagi

相談時間 9:30〜12:30
相談場所 :待ち合わせ場所を指定し、対面相談をいたします。

HELP!みやぎ ー生活困窮者ほっとライン チラシ

HELP!みやぎ ー生活困窮者ほっとラインは、日本郵便株式会社様から、2020年度年賀寄附金配分を受けて運営しています。

——————————————————

ランティア参加希望の皆さんへ

新型コロナウイルス禍の下、仙台夜まわりグループでは、路上生活者、生活困窮者支援は「不要不急」でなく「必要不可欠な命の急を要するライフライン」と受けとめ、できる限りの感染防止策を講じながら通常通り活動を実施しています。

ただし、公共の施設等では厳しい利用人数制限があり、やむなく活動は、限られたスタッフで行っています。それに伴い、夜まわり、大人食堂、炊き出し、セミナー・食事会等へのボランティア参加は、現在、休止しています。

ご理解、ご協力を、よろしくお願いします。

なお、12月12日 (土) のボランティア研修会は、人数制限を設け、午後2時から、みやぎNPOプラザで開催予定です。参加ご希望の方は、050-5539-6789 までご連絡ください。

ヴォランティア募集

——————————————————

掲載記事、アンケート調査結果等

◇仙台市内の路上生活者の現状2020

仙台市内の路上生活者の現状 2020

◇2020.9.17 宮城県社会福祉協議会「福祉みやぎ9月号」記事

福祉みやぎ 9月号「コロナ禍での『仙台夜まわりグループ』」

◇2020.8.1 新型コロナウイルス感染症及び、特別定額給付金に関するアンケート調査結果

2020.8.1 新型コロナウイルス感染症及び、特別定額給付金に関するアンケート調査結果

◇2020.7.6 コロナで一転、路上生活者に 仙台で困窮層拡大 | 河北新報オンラインニュース

2020.7.6 コロナで一転、路上生活者に 仙台で困窮層拡大 | 河北新報オンラインニュース

◇2020.7.4 新型コロナウイルス感染症及び、特別定額給付金に関するアンケート調査結果

2020.7.4 路上生活者、生活困窮者への新型コロナウイルス感染症及び、特別定額給付金に関するアンケート調査

◇2020.6.22 新型コロナウイルス感染症影響下における仙台市内の路上生活者の状況分析

2020.6.22 特別定額給付金に関する路上生活者、生活困窮者へのアンケート調査

2020.4.4〜5.8相談センターHELP!みやぎヘの相談数

2020.4〜5月新型コロナウイルス影響下でのホームレス支援活動参加者数

◇2020.5.24 しんぶん赤旗

仙台 コロナ禍 路上生活者に:若い人が次つぎ住み家を失う:住所なく「10万円」受け取れず:民間団体、支援に懸命

◇2020.4.29 NHK

仕事や住む場所失った人に食料配る支援活動 仙台 コロナ影響 | NHKニュース

◇2020.4.29 東日本放送

コロナショックで仙台のホームレス増加 | KHB東日本放送

◇2020.4.29 東日本放送

https://www.youtube.com/watch?v=7lcvnGfdVEc

◇2020.4.27 河北新報夕刊

<とびらを開く>コロナ禍に向き合う 路上生活者支援の仙台夜まわりグループ | 河北新報オンラインニュース

◇2020.4.27 河北新報朝刊

仙台でホームレス増加 若年層の相談が相次ぐ | 河北新報オンラインニュース

◇2019.12.2 河北新報夕刊「志民の輪」掲載記事

<とびらを開く>路上生活者救済に力 仙台夜まわりグループ | 河北新報オンラインニュース

◇仙台市内の路上生活者の現状2019

仙台市内の路上生活者の現状 2019

◇2019 仙台市内の路上生活者に関する一考察

仙台市内の路上生活者に関する一考察

——————————————————-

寄付金・カンパのお願い

路上生活者、生活困窮者支援のため寄付金・カンパを募っています。また、賛助会員、会員を募集しております。ご協力のほどよろしくお願いします。

・郵便振替02240−5−66005 仙台夜まわりグループ

七十七銀行 八本松支店 普通5214271 トクヒ.センダイヨマワリグループ

・宮城第一信用金庫 保春院前支店 普通1014823 トクヒ)センダイヨマワリグループ

・PayPalアカウント:yomawari@medialogo.com

——————————————————-

支援物資提供のお願い

皆様からのご協力を心から感謝します。
現在、路上生活者、生活困窮者に提供する物資が不足しています。

お部屋を確保した元当事者たちのための、2021年(来年)のカレンダー、手帳が必要です。お手元にございましたら、ご提供のほど、よろしくお願いします。

寝袋、防寒着、男性冬物衣料、男性下着(長袖、ヒートテック)、履き尽くしていない運動靴、マスク、消毒液、シャンプー、玄米、白米、カップ麺、インスタントラーメン、レトルト食品、缶詰、個包装された菓子類が必要です。

2020年11月現在必要な物資

 

また、部屋を確保して自律を目指す路上生活者に提供する日用品や家電が不足しています。

洗濯機・冷蔵庫・炊飯器・ガスレンジ・テレビ・単身用のローテーブルが足りません。

022-783-3123 (tel/fax) まで、ご連絡お待ちしております。

——————————————————-

励ましのお手紙

私たちの活動は、多くの個人、団体の皆様からのご支援、ご協力によって成り立っています。心から感謝申し上げます。
支援品に添えられた励ましのお手紙の中から一部をご紹介させていただきます。
励ましのお手紙の数々

——————————————————

2019〜2020年 ホームレス川柳大賞

2019年末に、仙台市内の路上生活者たちが投稿してくれた川柳の数々です。世相を反映する路上からの言葉の数々に、私たちが生きる今の世界が問われ、足元を揺さぶられる思いになりました。去る1月4日のセミナー・食事会で、大賞、入賞の発表と表彰が行われました。

ホームレス川柳大賞

2020年1月23日付の河北新報夕刊一面「河北抄」で、ホームレス川柳大賞について取り上げられました。

2020.11.28 炊き出し

11月 28th, 2020

第四土曜定例のカレー炊き出しを行いました。

時間前から会場に集まっていた当事者たちは、カレーライスで空腹を満たし、全国の支援者の皆さんが提供してくださった物資を、それぞれ手にしました。

突然路上生活に陥り、途方に暮れているという初参加者から相談があり、HELP!みやぎで諸提案をし、居宅確保に向けてアドバイスをしました。

本日のカレーライスは、食育フードシステム東北株式会社様が作成してくださいました。

感謝いたします。

2020.11.28 依存症者 清掃活動

11月 28th, 2020

アルコール、ギャンブル依存症からの回復を目指す元当事者たちが、規則正しい生活を身につけることを目的とした、清掃活動をおこないました。

朝9時に集合した参加者たちは、青葉区や太白区の住宅地周辺のゴミ拾いをしました。

最後にゴミを大きな袋にまとめ、熱いお茶で一息つき、それぞれ戻っていきました。

この活動は、一般社団法人パチンコ・パチスロ社会貢献機構様・宮城県遊技場協同組合様から助成を受けて実施しています。

2020.11.28 有償清掃ヴォランティア

11月 28th, 2020

雨上がりの早朝に、清掃ヴォランティア活動がおこなわれました。

仙台市中心街に集合した路上生活者たちは、2つのグループに分かれ、歩道の吸い殻、瓶、缶、ペットボトルを丁寧に拾い集めました。

作業終了後、一人ひとりに熱いお茶を振る舞い、マスクやホッカイロを提供し、昼に行われる炊き出しに参加するよう声をかけました。

この活動は、当事者たちが今日の糧を得、自立への思いを失わないようにすることを目的に、仙台市から一部助成を受けて実施しています。

2020.11.27 コロナ禍 緊急支援

11月 27th, 2020

新型コロナウイルス感染症の影響で、失職したり部屋を明け渡さねばならなくなってしまう方々が急増しています。以下、直近の、女性からの緊急相談の様子を紹介します。

「失業中で、数日間、ほとんど何も食べていない」というSOSの電話があり、急遽、待ち合わせして、緊急食料支援を行いました。

今年4月に、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で派遣切りをされ、その後なんとか次の仕事につくことができたが、再度、コロナの影響で解雇となったとのこと。今日まで何とか仕事を探したが、全く見つからず、貯金が底をついてしまったと語ってくれました。

食料を手渡しながら、その場で、仙台市内で受けられる支援全般について説明し、今後のことについて提案しました。

仙台市内では、コロナウイルス感染症の社会的影響によって生活に困窮してしまったというケースが後を断ちません。

コロナ禍によって仕事を失ったり、派遣切りとなった場合、一人で悩まず、まずは、ヘルプ!みやぎに相談してください。

HELP!みやぎ 050-5539-6789

新型コロナウイルス感染症の影響によって生活困窮に陥った方々への緊急支援は、一部、赤い羽根共同基金「居場所を失った人への緊急活動応援助成」を受けて実施しています。

2020.11.26 個人面談

11月 26th, 2020

居所を確保して路上を脱却した方々のお宅を何軒も訪問し、安否確認と個人面談を行いました。

帰り際に、寒さが厳しくなってくるので体調管理を怠らないよう、アドバイスしました。

仙台夜まわりグループでは、元当事者が再び路上生活に戻らないよう、また、孤立しないよう、繰り返し訪問支援活動を行なっています。

2020.11.26 第92回 大人食堂(第814回 ゆっくり過ごす会)

11月 26th, 2020

木曜定例の大人食堂が行われました。

時間前から、みやぎNPOプラザで開始を待ちわびていた参加者たちは、非接触型体温計による検温とアルコール消毒の後、おにぎりや味噌汁、ゆで卵、バナナなどで空腹を満たし、新聞を読んだり、歓談をしたりして、午前のひとときを過ごしました。

帰り際のひとり一人に、12月の支援活動スケジュールを手渡し、年末年始をなんとか乗り切りそれぞれの自律へ歩みだそう、と呼びかけました。

本日は、路上生活に陥り途方に暮れているという初参加者から相談を受け、HELP!みやぎで対応し、居宅確保支援を約束しました。

2020.11.25 夜まわり

11月 25th, 2020

夜まわりを行いました。

スタッフは、2グループに分かれて市内中心部を巡回し、40名を超える路上生活者に、おにぎり、みそ汁、バナナ、パンなどを渡しました。

別れ際の一人ひとりに、週末にかけて行われる大人食堂や清掃活動、炊き出しに参加するよう、声をかけました。

現在、支援活動のための、防寒着、寝袋、ホッカイロ、カップ麺、袋入りラーメン、レトルト食品、缶詰、果物、個包装されたお菓子、清涼飲料水が足りません。

どうか、皆様のご理解、ご協力をお願いします。

2020.11.25 月例 スタッフ会議

11月 25th, 2020

月例スタッフ会議が開催され、11月の支援活動を振り返り、越冬支援活動の内容を含め来月以降の計画について話し合いました。

会議では、具体的な事例を取り上げたケーススタディも行い、活発な意見交換がなされました。

仙台夜まわりグループでは、当事者の側に立った自律支援施策を実施すべく、スタッフ会議や研修会を繰り返しています。

2020.11.24 依存症者レクリエーション

11月 24th, 2020

ギャンブル依存症やアルコール依存症からの回復を目指す元当事者たちを対象に、映画上映会を開催しました。

新型コロナウイルス感染防止のため、体温測定や手洗いをし、「3密」を避けるなどできる限りの対策を講じました。

参加者は、映画「フォードvsフェラーリ」を、大画面で堪能していました。

上映終了後、次回の依存症ミーティングや清掃活動日時等の打ち合わせをし、それぞれ戻って行きました。

映画上映会に使用したプロジェクター購入費用を始め、この活動は、一般社団法人パチンコ・パチスロ社会貢献機構様・宮城県遊技場協同組合様から助成を受けて実施しています。

2020.11.24 定例 パン配布

11月 24th, 2020

コープフードバンク様、コストコ様、ふうどばんく東北AGAIN様から、食糧やパンの提供がありました。

早速、路上生活者たち、生活困窮者たちに配布をしました。

私たちの活動は、多くの個人、団体の皆様からのご支援、ご協力によって成り立っています。

心から感謝いたします。