ご理解とご協力に心から感謝いたします。

8月 22nd, 2018

——————————————————-

皆様からの支援物資提供のご協力を心から感謝します。
路上生活者支援活動で提供する防寒具、冬用男性衣類、ホッカイロ、さらに、炊き出しに使用する米が不足しています。

ダウンジャケット、厚手ジャンバー、フリース、ズボン、ホッカイロ、米

また、部屋を確保して自律を目指す路上生活者に提供する日用品や家電が不足しています。

冬用掛け布団・毛布・洗濯機・冷蔵庫・炊飯器・ガス台・テレビが足りません。

もし、お手元にございましたら、ご提供のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。090-1376-7419
まで、ご連絡お待ちしております。

——————————————————–

仙台夜まわりグループ支援活動スケジュール

2019年1月支援活動スケジュール
2019年2月支援活動スケジュール

特定非営利活動法人仙台夜まわりグループ連絡先

事務所電話:022-783-3123 (tel/fax)
電子メール:yomawari@medialogo.com
住所:〒983-0044 仙台市宮城野区宮千代2-10-12

——————————————————-

HELP!みやぎ ー生活困窮者ほっとライン
受付電話番号050-5539-6789
電話受付時間 8:00〜21:30 年中無休
skype: helpmiyagi

専門相談員による面談、相談受付をしています。

相談時間 9:30〜12:30
相談場所 火曜〜土曜-みやぎNPOプラザ、月曜-旧清流ホーム

相談センター「HELP みやぎ」チラシ
相談センター「HELP みやぎ」ご案内

——————————————————–

ネットカフェ、24時間喫茶などで寝泊まりしている方々へ

明日をどう過ごしてよいのか不安な中にいる方々の相談に乗ります。

連絡先 050-5539-6789
HELP!みやぎで常時受け付けています。

——————————————————-

ヴォランティア研修会にご参加ください

ヴォランティア募集

次回の研修会は、

2019年2月9日 (土) 14:00から、
みやぎNPOプラザ(仙台市宮城野区榴ヶ岡5)交流スペースにて開催します。

※ 支援活動にヴォランティア参加希望の方は、事前に研修会にご参加ください。研修会は、予約制となっています。参加ご希望の方は、050-5539-6789 までご連絡ください。

——————————————————-

路上生活者、生活困窮者支援のため賛助会員、会員を募集しております。また、カンパをお願いします。
現在不足している物資です。

現在、玄米、白米、冬用掛け布団、毛布、敷布団が足りません。どうか、ご協力をよろしくお願い申しあげます。

2019.1.23 月例 支援者懇談会

1月 23rd, 2019

仙台市健康福祉局担当部署と、路上生活者支援に携わる団体が一堂に会し、活動の情報交換や、官・民の支援施策について討議を行いました。

仙台夜まわりグループは、路上生活者を生み出し続ける構造的な問題を明らかにしつつ、当事者に寄り添い、路上からの視点で政策提言を続けていきます。

2019.1.22 職員研修会 活動紹介

1月 22nd, 2019

生活困窮者のために物資を提供してくださっているコストコ様の職員研修会が、フードバンク東北AGAIN様事務所でおこなわれ、仙台夜まわりグループの活動を紹介しました。

研修プログラムの一環として、参加者一同でコストコ富谷店様に出かけ、支援物資を受け取りました。

このような機会を設けていただき、心から感謝します。

頂戴した物資は、早速、自律途中の方々に届けました。




2019.1.21 定例 衛生改善事業

1月 21st, 2019

雪まじりの寒風吹きすさぶ中、衛生改善事業がおこなわれ、多くの路上生活者が、洗濯物を抱えて参加しました。

参加者は、順番に熱いシャワーを浴び、衣類等を洗濯して身の回りをきれいにしました。待ち時間には、デザート付きの煮物定食で空腹を満たしました。

先週の衛生改善事業で、アパート契約について方策を教示した参加者から、来月初頭に入居が決ったという報告があり、今後の歩みにエールを送りました。

この活動は、当事者が身の回りを清潔にし、自立への思いを失わないようにすることを目的に、仙台市の委託事業として実施しています。



2019.1.19 有償清掃ヴォランティア

1月 19th, 2019

氷点下の早朝7時から、路上生活者による清掃ヴォランティア活動が行われました。

開始時間前に集合していた当事者たちは、二班に分かれ、チリ挟みとゴミ袋を手に、仙台市内の大型公園を清掃し、吸い殻、空き缶、ペットボトルを始め、小さなゴミまで丁寧に拾い集めました。

清掃後は、お茶で冷えきった体を温め、それぞれ戻って行きました。

仙台では、路上生活者たちが、街の美化に貢献しています。



2019.1.18 緊急 居所確保支援

1月 18th, 2019

仙台市内区役所の担当部署から、居所を失った高齢者の相談に乗って欲しいという依頼があり、急遽、HELP!みやぎで対応しました。

本人によると、昨年クリスマスに部屋を失い、ネットカフェでなんとか凌いだものの、底を突いて路上生活に陥ってしまったということでした。

酷く疲弊している様子で、寒さが堪え胸が苦しいという本人の訴えもあり、人道的見地から、居所確保支援を行いました。

横になって布団に寝るのは久しぶりということで、部屋のベッドを見て一安心していました。

2019.1.17 定例 ゆっくり過ごす会

1月 17th, 2019

今日の糧や居場所を得られない路上生活者、生活困窮者に、暖かい食事や娯楽の機会を提供し、今後の歩みに思い巡らせてもらうことを目的としたサロン活動が行われました。

みやぎNPOプラザ前で、開始を待ちわびていた当事者たちは、キツネ丼で空腹を満たし、ドリップコーヒー、新聞、映画鑑賞、散髪で午前のひとときをゆっくり過ごしました。

仙台では、指先の感覚がなくなるほどの寒さが続いています。支援活動で不足しているホッカイロ、防寒着、カップ麺の提供を、何卒よろしくお願いします。



2019.1.16 厚労省 ホームレスの実態に関する全国調査

1月 17th, 2019

厚生労働省では、ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法に基づき、毎年、全国一斉のホームレス概数調査を実施しています。

仙台夜まわりグループでは、今年も委託を受け、本日夜間から翌深夜まで仙台市内を巡回し、調査を行いました。

厳寒の1月の調査で果たして正確な実態を把握できるのか、目視が条件なので普段いるはずの当事者に行き合わなければカウントできない等、実施時期や方法について数々の問題があります。

結果は、数ヶ月後に、厚生労働省のホームページで公表される予定です。


2019.1.14 定例 衛生改善事業

1月 14th, 2019

成人の日や、どんと祭で賑わう街の喧騒の中、シャワーや洗濯の機会すら得られない路上生活者を主賓にした衛生改善事業が行われました。

それぞれの居場所から長い道のりをやって来た当事者は、熱いシャワーで体の汚れを落とし、衣類等をきれいに洗濯しました。順番を待つ間に、スタッフ手づくりの鶏そぼろ丼定食で空腹を満たしました。

保証人が見つからないためアパート契約が頓挫しかけているという初参加者からの相談があり、HELP!みやぎで対策を教示しました。

この活動は、仙台市の委託事業として実施していますが、当事者にとって、身の回りを清潔に保つことは勿論のこと、困り事を相談したり、官・民支援施策の情報を得るための、なくてはならない機会となっています。



2019.1.12 スタッフ研修 講演会

1月 12th, 2019

宮千代加藤医院院長の加藤純二氏を講師にお招きし、「アルコールがもたらす依存の問題とその回復について」をテーマに、講演会を行いました。

講演後、活発な質疑応答が行われ、有意義な学びの時となりました。

仙台夜まわりグループでは、当事者の自律を阻害する諸問題に、丁寧に対応するため、専門家による講演会や研修を繰り返しています。

2019.1.12 定例 ヴォランティア研修会

1月 12th, 2019

毎月第二土曜開催のヴォランティア研修会が、みやぎNPOプラザで行われました。

研修会では、仙台夜まわりグループの沿線や活動内容について説明した後、活発な質疑応答がなされました。

仙台夜まわりグループでは、活動内容や趣旨を事前に理解した上でヴォランティアに参加してもらえるよう、研修会を継続しています。

どなたでも参加を歓迎いたします。050-5539-6789 までご連絡ください。