2011.5.17 路上生活者食料提供支援

5月 17th, 2011

本日朝9時、路上生活の方々に食料の支援をおこない、多くの当事者が集まりました。

路上は震災以前よりも過酷な状況です。一人一人に声を掛け、安否を確認し、声なき声を聞き取ります。震災によりアパートを退去せざるをえなくなった若い当事者から今後の生活について相談を受けて、一緒に伴走することを約束しました。

手配師に仕事があると誘われ、連れて行かれた当事者の安否が気遣われます。今後、震災からの復興の名の元に、過酷な作業に低賃金で従事させられる不法労働が蔓延することを危惧しています。

一番弱くされている当事者が被害を受けぬよう、労働者の権利や最低賃金の周知等、啓発活動に力を入れてゆきます。

2011.5.16 衛生改善事業

5月 17th, 2011

仙台市から委託されている衛生改善事業を行い、多くの当事者が参加しました。シャワー、衣類洗濯・乾燥の待ち時間に軽食と雑誌・新聞等で過ごしました。

初めて参加する方が複数名おられ、今後の生活の相談にのりました。