2011.5.18 支援者懇談会

5月 19th, 2011

仙台市健康福祉局社会課との定例支援者懇談会に出席しました。

震災後の当事者の安否情報確認や路上の状況について情報交換をし、これからの支援施策について意見交換をしました。

仙台市内では、新たに路上に出ざるを得なかった人たちが急増しており、とりわけ、20才代から30才代の男性が最近目につきます。震災で勤めていた会社が瓦礫の山となってしまったり、取引先がつぶれて子会社が倒産したといった二次被害が原因というものが多くありました。

パートナーとともに路上生活をしている女性から、これからひとりでやって行きたいとの要請があり、どのような対策が可能であるか、皆で頭を悩ませ、策を出し合う場面もありました。

仙台夜まわりグループでは、当事者主体の自律に向けて、あらゆる支援体制を構築していきます。どうか、献品、カンパのご支援を引き続きよろしくお願い申し上げます。

2011.5.17 被災手続き同行支援

5月 19th, 2011


被災者の書類手続きをするために女川町に同行しました。

午後の満潮時には道路が冠水してしまうため、早朝6時に出発し、渋滞の中、なんとか開庁前に現地に到着しました。

1ヶ月ぶりの女川でしたが、前の訪問に比べると瓦礫の撤去等少しずつですが、進展しているようでした。ただ、瓦礫がすっかり片付けられた後の一面何もない、荒涼とした風景に、以前の美しい女川の町を知る者としては、ただただ唖然とし、立ち尽くすしかありませんでした。

被災者によると、津波によって海からだいぶ離れている小高い丘の上にある病院(上の写真の左手側ベージュ色の建物)の二階部分まで浸水したそうです。

震災後からずっと「がんばろう」という呼びかけがあらゆるところでなされています。全てを失ってしまったところから、どこに向かい、どんな達成に至るのが「復興」なのでしょうか。

長年その地に根づいて生きてきた被災当事者の思いに耳を傾けることなしに、本当の意味での東北の「復興」はあり得ません。