2011.10.8 居宅設定支援

10月 8th, 2011

「仙台で、部屋に入ってやり直したい」と以前から申し出ていた当事者の居宅支援を行いました。

彼は、福島で震災関係の仕事に就くことになっていて、仙台市内で野宿をしながら待機していたものの、結局その仕事がなくなって途方に暮れていました。

支援活動で出会って以来、様々な提案をし、励まし続け、この度、居宅確保になりました。仕事をするにせよ、まずは部屋を確保し、生活を安定させ、安心して働ける環境を整えることが肝要です。

震災後、復興の名の下に仕事は増加しているように見えますが、最も弱い末端部分にしわ寄せがきています。

定例 有償清掃ヴォランティア

10月 8th, 2011

朝7時より当事者による有償清掃ヴォランティア活動を行いました。35名を超える当事者たちが、芋煮会場になっている市内の河川敷を清掃し、大量のゴミが集まりました。

仙台ではこのように定期的に路上生活者による町の美化が行われています。