岩手県大船渡市物資支援

10月 10th, 2011


支援物資を携え、岩手県大船渡市で「NPO法人 さんりく・こすもす」を主催する里見節子さんを訪問しました。里見さんは、20年間にわたって障碍をもった方々と共に生きる活動を継続しています。

津波でご自身も住まいを失いながら、支援している方々の安否を真っ先に確認し、運営しているリサイクルショップを震災直後に再開して町の方々に必要品を提供されたそうです。これからも協力関係を継続することを約束し、支援物資を手渡しました。

大船渡、陸前高田の海岸沿いの被災地を訪問しましたが、津波にすべてがさらわれてしまった風景に言葉を失いました。瓦礫の山がいたるところにあり、海岸線沿いの生活道路は、海面が上昇し海面下に沈んでいました。

重要:支援物資送付休止のお願い

10月 10th, 2011

現在、越冬支援体制のための準備を整えているところですが、不要な衣類や食器などの整理・処分のために、保管場所と労力が費やされ、新たな支援物資を受け入れて整理する余裕が全くありません。

突然で大変恐縮ですが、10月中の支援物資受付を休止させていただきたく、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。再開時には、再度アナウンスさせていただきます。

なお、カップラーメンと米のご提供は大歓迎です。週数回の配布で備蓄分が次々になくなっていく状態ですので、10月中も引き続き受け付けています。今後ともよろしくお願い申し上げます。

仙台夜まわりグループ 理事長 今井誠二

2011.10.10 定例 衛生改善事業

10月 10th, 2011


秋晴れのもと、定例の衛生改善事業に多くの当事者が参加しました。参加者は、シャワーと洗濯・乾燥で身の回りをきれいにし、待ち時間に軽食等でひとときを過ごしました。

今日も3名の初参加者があり、これから歩みの提案をしました。

いくつかの可能性や選択肢の中から自分らしい一歩を主体的に踏み出してゆけるような支援を継続しています。