2015.5.9 緊急対応

5月 9th, 2015

家を追い出され何週間も野宿を強いられていた宮城県内の女性の相談を受けました。

暴力行為はなかったにせよ、アルコール依存状態にあるパートナーから家を追い出されては車中泊することを以前から繰り返していたそうです。

愛着のある故郷になんとか戻ってやり直しをしたいと願っているため、とりあえずの寝場所を探しました。

2015.5.9 有償清掃ヴォランティア

5月 9th, 2015

今朝の気温は11℃。過ごしやすい中で、仙台駅周辺で有償清掃ヴォランティア作業を行いました。

明日、国際ハーフマラソンを控えているせいか、いつもよりゴミが多く、参加者は大量のゴミを集めてきました。

市内の公園で寝泊まりしている当事者が、新しく路上に陥った人を連れて来ました。最近は、路上生活をしたことがない人たちがいきなり路上に陥るケースが増えています。今後も経緯を見守っていきます。

2015.5.7 定例 ゆっくり過ごす会

5月 7th, 2015

麗らかな日差しの中、ゆっくり過ごす会が行われ、居場所を得ることができない多くの路上生活者が集まりました。参加者は、スタッフ特製の麻婆豆腐丼で空腹を満たし、その後、新聞、映画鑑賞、散髪サーヴィスで午前中のひとときを過ごしました。

青森県の実家を出て、仙台市内で路上生活を余儀なくされているという初参加者からの要請を受け、HELP!みやぎで自律に向けての諸提案をし、今後の伴走を約束しました。

2015.5.2 定例 食事会・セミナー

5月 3rd, 2015

第一土曜定例の食事会と自律支援セミナーが、仙台市福祉プラザで開催され、食事会に先立ち、清掃作業の登録と支援物資配布が行われました。

セミナーでは、午後から夕方にかけて行われる宮城民医連の健康診断と夕食会についての案内がなされ、当事者たちが楽しみにしていた福引大会が行われました。

参加者は福引きの抽選番号順に呼ばれ、商品券やタバコ、コンロ、食料、衣類など、それぞれ欲しいものを受け取って帰りました。

全国ホームレス概数調査

5月 1st, 2015

今年1月に厚労省が実施したホームレス全国概数調査の結果が公表されました。

それによると、仙台市内のホームレスは110名、宮城県全体では117名でした。

近年、ホームレスの数は全国的に大幅減少傾向にあるにも関わらず、仙台市内では3年続けて三桁台を下りません。また、政令指定都市の中でも東京圏、大阪、名古屋、福岡に次ぐ多さです。

仙台夜まわりグループでは、この結果を慎重に分析し、今後のホームレス支援活動を構築して行きます。

ホームレスの実態に関する全国調査(概数調査)結果