2017.6.21 定例 夜まわり

6月 21st, 2017

開始直前まで豪雨でしたが、雨上がりの中、夜まわりをおこないました。

ヴォランティアは、3グループに分かれて市内中心部を巡回し、行き会った路上生活者におにぎり、みそ汁、パン、バナナ等を手渡しながら、声をかけました。

雨のためか、通常より当事者の数は少なめでしたが、最近路上生活に陥ってしまった方々に出会い、支援活動に参加するようアドヴァイスしました。

2017.6.21 定例 アフターフォロー

6月 21st, 2017

本日、午前から午後過ぎにかけて、仙台夜まわりグループで居宅支援をしている方々のお宅を訪問し、ホールボディカウンター検査(内部被爆検査)の結果を渡し、施設内の規則について確認をしました。

健康面を始め、生活全般における相談が数多くあり、解決方法を提案すると共に、生活する上で最低守るべきルールを伝授しました。

帰り際に、来月の訪問を約束しました。


2017.6.20 物資提供 感謝!

6月 20th, 2017

本日、東北フードバンクAGAIN様から、多くの支援物資の提供がありました。路上生活を脱して自律途中の方々のお宅に、早速、届けました。

私たちの活動を様々な仕方で支援してくださっている、個人、団体の皆様に、心から感謝いたします。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。

2017.6.19 定例 衛生改善事業

6月 19th, 2017

月曜定例の衛生改善事業が行われ、路上生活者たちが、洗濯物を抱えて集まりました。

参加者は、シャワーで汗を流し、洗濯で衣類等を清潔にしました。待ち時間に、雪花菜定食とデザートで空腹を満たしました。

複数名の初参加者に、下着とタオルセットを提供し、自律に向けての諸提案をしました。

※ この活動は、仙台市からの委託事業として行っています。

2016.6.17 低線量被ばくに関する講演会 参加

6月 19th, 2017

せんだいメディアテークで行われた、「低線量被ばくによる健康被害による健康被害」の講演会に参加し、放射線物質による健康被害について学んできました。

講演会では、講師の崎山比早子氏が被爆と健康被害について丁寧に説明してくださり、被爆問題について深く学ぶことができました。満員の会場を見渡し、原発および被ばくに対する市民の問題意識の高さを改めて実感しました。

当法人では、除染作業員の健康問題に取り組んでいます。福島県内で除染の仕事をしたことのある方は、無料で放射線被曝検査を受けることができます。生活困窮の方、路上生活を余儀なくされている方が対象です。

次回は、7月7日(金) の予定です。まずは、080-3322-7419 にご一報ください。

2017.6.17 厚労省 ホームレス概数調査 結果

6月 19th, 2017

仙台夜まわりグループでは、今年1月に、厚労省によるホームレス概数調査の委託を受け、仙台市内の調査を実施しました。

このたび厚労省が公表した結果によると、宮城県内の路上生活者は99名。内訳は、仙台市97名、気仙沼市1名、栗原市1名でした。

近年、全国的に路上生活者の数は大幅減少傾向にあるにもかかわらず、仙台市は5名の減少に留まっています。また、東京23区及び政令指定都市(20都市)の中で、7番目の多さとなっています。

調査が実施された1月の仙台は、厳寒の日々が続き、当事者が身を隠すようにして寒さを凌いでおり、調査で目視できなかった、いるはずである当事者の数が調査人数に反映されておらず、さらに、車上生活やネットカフェ、24時間営業のファストフード店で過ごしている方々も数に入っていません。

【2017年 厚労省全国ホーレス概数調査結果】
全国5,168名(昨年 6,235名 ▲701名 昨年比11%減)
仙台市97名(昨年102名 ▲5名 昨年比5%減)

ホームレスの実態に関する全国調査(概数調査)結果

2017.6.17 有償清掃ヴォランティア

6月 17th, 2017

清掃ヴォランティア作業が行われ、早朝にも関わらず、多くの路上生活者たちが集まりました。

参加者は、二班に分かれて市内中心部を清掃し、歩道に落ちているタバコの吸い殻等を丁寧に拾い、大量のゴミが集まりました。

清掃後は、お茶で一息つき、それぞれ戻って行きました。

※ この活動は、仙台市から一部助成を受けて実施しています。

2017.6.16 第六回 男の料理教室

6月 16th, 2017

路上生活を脱却し、自律途中にある独居男性に、家計簿管理と自炊の習慣を身につけてもらうことを目的にした料理教室が行われました。

講師による実演の後、参加者は、4つのグループに分かれて料理に取り組み、チキンソテーと具沢山みそ汁、野菜サラダを手際よく完成させました。調理後は、皆で美味しく食べながら、近況を語り合いました。

帰り際のひとり一人に、支援物資を渡し、次回の料理教室にも参加するよう呼びかけました。

※ この活動は、「COOPトリプルカード みやぎスマイル基金」様からの助成を受けて実施しています。

2017.6.15 定例 ゆっくり過ごす会

6月 15th, 2017

木曜定例のゆっくり過ごす会が、みやぎNPOプラザで行われ、多くの路上生活者、生活困窮者が集まりました。

参加者は、かやくご飯で空腹を満たし、ドリップコーヒー、新聞、漫画、映画鑑賞、散髪でそれぞれ過ごしました。

南相馬市内で除せんをしていたものの、仕事と住まいを失い、途方に暮れているという初参加者からの申し出があり、HELP!みやぎで諸提案をし、本人の切なる要請に応え、居所確保支援を行いました。

2017.6.14 アフターフォロー 血圧測定

6月 14th, 2017

本日、安否確認を兼ねて独居高齢者のお宅を何軒も訪問し、近況を尋ね、しばらく歓談しました。

帰り際に、ひとり一人の血圧を測定し、数値が高い人には、病院受診するようにアドヴァイスをしました。