2018.1.11 定例 支援者懇談会

1月 11th, 2018

仙台市健康福祉局担当部署と路上生活者支援活動を実施している諸団体が集い、月例の官民合同の懇談会が行われました。

話し合いでは、仙台市の路上の状況や現行の支援施策について意見交換がなされました。

仙台夜まわりグループは、路上生活者を生み出し続ける構造的な問題を明らかにし、当事者たちに寄り添いつつ、路上からの視点で政策提言を続けていきます。

2018.1.11 定例 ゆっくり過ごす会

1月 11th, 2018

日中に居場所を得られない路上生活者、生活困窮者を主賓にしたサロン活動が行われ、会場のみやぎNPOプラザに、たくさんの当事者がやって来ました。

参加者は、スタッフ手作りのライスカレーで空腹を満たし、ドリップコーヒー、新聞、映画観賞で午前中のひとときを過ごしました。

最近路上生活に陥ってしまったという初参加者から相談があり、HELP!みやぎで聞き取りと諸提案をしました。

このサロン活動は、厳寒の仙台で、とりわけ11月から翌3月までの越冬支援期間、生活困窮者、路上生活者の命をつなぐ場となっています。

*活動を継続する資金が足りません。会員、賛助会員、寄付金、物品提供のご支援、協力を何卒よろしくお願いします。

2018.1.10 厚労省 ホームレスの実態に関する全国調査

1月 11th, 2018

厚労省から委託を受け、ホームレスの実態に関する全国調査(概数調査)を行いました。深夜に仙台市内各所を巡回し、目視にてホームレスを確認しました。

今年度の調査結果は、数ヶ月後に厚生労働省のHPで公表される予定です。