2018.8.25 有償清掃ヴォランティア

8月 25th, 2018

早朝の気温は29度。湿度の高い中、清掃活動を行いました。

参加者は、2班に分かれて仙台市の中心部を清掃し、蚊に刺されながら公園や路地のゴミを拾い集めました。

作業終了後は、冷たいお茶で涼を取り、昼に行われる炊出しまでの間を何処かに休みに行きました。

この活動は、路上生活者が今日一日の糧を得、また、自律への思いを失わないようにすることを目的に、仙台市から一部助成を受けて行っています。


2018.8.23 お宅訪問 アイスまくら配布

8月 24th, 2018

蒸し暑さの中、自律途中の独居男性を何人も訪問し、近況や健康状態を尋ねました。

帰り際、一人ひとりに、冷蔵庫で冷やして何度も使用できるクールアイスまくらを手渡し、明日の予想気温も30度超えなので水分補給等して熱中症対策に留意するよう声をかけました。

2018.8.23 定例 ゆっくり過ごす会

8月 23rd, 2018

厳しい暑さの中、今日の糧や居場所を得られない路上生活者、生活困窮者を主賓にしたサロン活動を行いました。

会場のみやぎNPOプラザに集まった当事者は、茄子煮びたし添えカレー丼やゴーヤチャンプルで空腹を満たし、ドリップコーヒー、新聞、映画鑑賞で午前中のひとときをゆっくり過ごしました。

「ゆっくりすごす」自立支援の意味  仙台の路上から考える


(360ネットワークニュース 2018年8月掲載)

2018.8.22 夜まわり

8月 22nd, 2018

日中は30度を超える暑さで、夜になってもほとんど気温が下がらない中、夜まわりを行いました。

ヴォランティアは3グループに分かれて仙台市内を巡回し、出会った路上生活者に、おにぎり、味噌汁等を手渡しました。

別れ際の一人ひとりに、週末にかけて行われるゆっくり過ごす会や清掃活動、セミナー・食事会に参加するよう声をかけました。



特定非営利活動法人 仙台夜まわりグループ

8月 22nd, 2018

仙台夜まわりグループ支援スケジュール(10/21〜11/8)

10/21(木) 大人食堂,相談受付 9:30〜 みやぎNPOプラザ

10/23(土) 有償清掃ボランティア,相談受付 7:00〜 市内各所

10/23(木) 炊き出し,相談受付 12:00〜 五橋公園

10/25(月) シャワー・洗濯,食事提供,相談受付 10:00〜

10/27(水) 深夜夜まわり,相談受付 23:45〜 市内各所

10/28(木) 大人食堂,相談受付 9:30〜 みやぎNPOプラザ

11/1(月)   シャワー・洗濯,食事提供,相談受付 10:00〜

11/3(水)   夜まわり,相談受付 20:00〜 市内各所

11/4(木)   大人食堂,相談受付 9:30〜 みやぎNPOプラザ

11/6(水)   セミナー・食事会,相談受付 12:00〜 仙台福祉プラザ

11/8(月)   シャワー・洗濯,食事提供,相談受付 10:00〜

 居宅を確保した元当事者の見守り活動も毎日行なっています。路上生活を余儀なくされている方、生活にお困りの方は、活動の詳細について、どなたでも相談、お問い合わせください。050-5539-6789 (年中無休 8:00〜21:30)。

2021年10月 仙台夜まわりグループ 支援活動スケジュール

2021年11月 仙台夜まわりグループ 支援活動スケジュール

 コロナ禍の中、やむなく支援活動の時間や場所等を変更したり、中止する場合があります。誤解が生じるので、支援スケジュールの転載はご遠慮ください。

——————————————————

仕事や住まいを失って生活苦に陥っている皆さんへ

 HELP!みやぎ では、生活相談を年中無休で受け付けています。新型コロナウイルス感染症の影響で困難にある方々、諸事情で生活苦にある方々、国や地方自治体の諸制度を最大限活用し、この苦境を乗り切る方策を一緒に考え、取り戻しの歩みを開いていきましょう。まずはご一報ください。

HELP!みやぎ ー生活困窮者ほっとライン
受付電話番号 050-5539-6789
電話受付時間 8:00〜21:30 年中無休で相談受付の対応をしています
skype: helpmiyagi

相談時間 9:30〜12:30
相談場所 :待ち合わせ場所を指定し、直接相談に乗ります。

HELP!みやぎ ー生活困窮者ほっとライン チラシ

HELP!みやぎ ー生活困窮者ほっとラインは、日本郵便株式会社様から、2021年度年賀寄附金配分を受けて運営しています。


特定非営利活動法人 仙台夜まわりグループ活動紹介

仙台夜まわりグループ活動紹介

仙台夜まわりグループ連絡先

事務所電話:022-783-3123 (tel/fax)
電子メール:yomawari@medialogo.com
住所:〒983-0044 仙台市宮城野区宮千代2-10-12

 仙台夜まわりグループは、特定の宗教、政党、団体、信条に組みしたり、偏向したりしないことを旨としています。この時代、この状況の中、貧困や生活苦を生み出し続ける構造悪を看破し、一番後回しにされて「いのち」の危機に瀕する一人ひとりに出会い、彼ら彼女らの伴走者となること、「できるときに、できる人が、できることを」をモットーに、どんなことでも誰もが参与できる仲間づくりをすること、を何より大切にしてきたからです。

 私たちの支援活動は、外に向かって出かけて行き、一人でも多くの路上生活者、生活困窮者との出会いを一番としておりますので、事務所の直接対応は、祝日を除く火曜日と金曜日の午前10時〜午後2時となっています。大変恐縮ですが、それ以外の日時は、留守電にメッセージを残してくださいますようお願いします。

 なお、宅急便等の郵送支援物資は、火曜、金曜のみならず、常時受け取り可能です。どうぞよろしくお願いします。

——————————————————-

支援活動予定とご協力のお願い

 コロナ禍の中、仙台夜まわりグループでは、できる限りの感染防止対策を講じながら、通常通り支援活動を行なっています。感染に怯え、路上で過ごさざるを得ない人たちに、今日一日生きる糧と、自律への希望のメッセージを届けたいからです。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、路上生活者、生活困窮者が置かれている状況や生活実態が激変しています。当事者への聞き取り、独自のアンケート調査等で得られた内容を丁寧に分析し、適切に対応すべく支援内容やその質を検討ながら、今後も活動を継続して参ります。

 現在、男性秋物衣料、男性運動靴、カップ麺、インスタント麺、レトルト食品、缶詰、顆粒インスタント味噌汁、個包装された菓子類、コーヒー、クリープ、文庫本、漫画本、大きめの紙袋、テレフォンカード始め商品券(使いかけでも結構です)が必要です。お手元にございましたら、ご提供のほど、よろしくお願いします。

 また、玄米、白米、家電については、十分備蓄されました。なにぶん手狭な事務所ですので、大変恐縮ですが、一時受け取りを休止させていただきます。ご理解、ご協力をお願いします。

支援活動で必要な物資 2021年10月2日現在

——————————————————

ランティア参加希望の皆さんへ

 宮城県、仙台市内で、路上生活者たちは、未だワクチン接種もままならず、不安な日々を過ごしています。仙台夜まわりグループでは、非接触型体温計による検温や消毒等できる限りの感染防止策を講じながら通常通り活動を行なっています。

 但し、支援活動は、10月21日 現在、限られた有給スタッフのみで行っています。それに伴い、夜まわり、大人食堂、炊き出し、セミナー・食事会等支援活動へのボランティア参加は当面休止といたします。再開の際は、その旨お知らせしますので、ご理解、ご協力をお願いします。

 2021年11月13日(土)ボランティア研修会は、みやぎNPOプラザで午後2時から開催予定です。時間制限や人数制限を設けますので、参加希望者は予約をお願いします。また、コロナ禍の中、状況を鑑み中止とする場合があります。どうかご了承ください。☎︎ 050-5539-6789

ヴォランティア募集

——————————————————

掲載記事、アンケート調査結果等

◇みやぎ生協「SCOOO、P! 」2021年10月号 掲載記事

みやぎ生協「SCOOO、P! 」2021年10月号

◇仙台市内の路上生活者の現状 2021年

仙台市内の路上生活者の現状 2021年

◇2021.6.10  講演「仙台市内の路上生活者の変遷と依存症」

講演「仙台市内の路上生活者の変遷と依存症」

◇2021.3.1 「市民活動のひろば188号」掲載記事

路上は社会が抱える問題のるつぼ- 大震災、復興労働、コロナ禍…生活者の変遷

◇2021.2.15 河北新報夕刊

<NPOの杜>終わらないホームレス支援 路上生活前の救済策を

◇2020.12.22 河北新報夕刊

河北抄(12/22):新年を前に、少しは自宅を片付けよう…

◇仙台市内の路上生活者の現状2020

仙台市内の路上生活者の現状 2020

◇2020.9.17 宮城県社会福祉協議会「福祉みやぎ9月号」記事

福祉みやぎ 9月号「コロナ禍での『仙台夜まわりグループ』」

◇2020.8.1 新型コロナウイルス感染症及び、特別定額給付金に関するアンケート調査結果

2020.8.1 新型コロナウイルス感染症及び、特別定額給付金に関するアンケート調査結果

◇2020.7.6 コロナで一転、路上生活者に 仙台で困窮層拡大 | 河北新報オンラインニュース

2020.7.6 コロナで一転、路上生活者に 仙台で困窮層拡大 | 河北新報オンラインニュース

◇2020.7.4 新型コロナウイルス感染症及び、特別定額給付金に関するアンケート調査結果

2020.7.4 路上生活者、生活困窮者への新型コロナウイルス感染症及び、特別定額給付金に関するアンケート調査

◇2020.6.22 新型コロナウイルス感染症影響下における仙台市内の路上生活者の状況分析

2020.6.22 特別定額給付金に関する路上生活者、生活困窮者へのアンケート調査

2020.4.4〜5.8相談センターHELP!みやぎヘの相談数

2020.4〜5月新型コロナウイルス影響下でのホームレス支援活動参加者数

◇2020.5.24 しんぶん赤旗

仙台 コロナ禍 路上生活者に:若い人が次つぎ住み家を失う:住所なく「10万円」受け取れず:民間団体、支援に懸命

◇2020.4.29 NHK

仕事や住む場所失った人に食料配る支援活動 仙台 コロナ影響 | NHKニュース

◇2020.4.29 東日本放送

コロナショックで仙台のホームレス増加 | KHB東日本放送

◇2020.4.29 東日本放送

〝コロナショック〟でホームレス増加

◇2020.4.27 河北新報夕刊

<とびらを開く>コロナ禍に向き合う 路上生活者支援の仙台夜まわりグループ | 河北新報オンラインニュース

◇2020.4.27 河北新報朝刊

仙台でホームレス増加 若年層の相談が相次ぐ | 河北新報オンラインニュース

◇2019.12.2 河北新報夕刊「志民の輪」掲載記事

<とびらを開く>路上生活者救済に力 仙台夜まわりグループ | 河北新報オンラインニュース

◇仙台市内の路上生活者の現状2019

仙台市内の路上生活者の現状 2019

◇ 仙台市内の路上生活者に関する一考察

仙台市内の路上生活者に関する一考察

——————————————————-

寄付金・カンパのお願い

 路上生活者、生活困窮者、そして新型コロナウイルス禍で生活破綻してしまう方々を支援するために必要な寄付金・カンパを募っております。また、賛助会員、会員を募集しています。どうか、ご協力のほどよろしくお願いします。

・郵便振替02240−5−66005 仙台夜まわりグループ

七十七銀行 八本松支店 普通5214271 トクヒ.センダイヨマワリグループ

・宮城第一信用金庫 保春院前支店 普通1014823 トクヒ)センダイヨマワリグループ

・PayPalアカウント:yomawari@medialogo.com

——————————————————-

支援物資提供のお願い

 皆様からのご協力を心から感謝します。

2021年10月20日 現在、男性秋物冬物衣料、男性運動靴、カップ麺、インスタント麺、レトルト食品、缶詰、顆粒味噌汁、個包装された菓子類、コーヒー、クリープ、文庫本、漫画本、大きめの紙袋、テレフォンカード始め商品券(使いかけでも結構です)が必要です。

なお、玄米、白米については、受け取りを一時休止させていただきます。ご理解をお願いします。

支援活動で必要な物資 2021年10月2日現在

022-783-3123 (tel/fax) までご連絡お待ちしております。

皆様のご協力に、心から感謝申し上げます

現在、必要な家電は、テレビ、電子レンジ(製造年月日2015年以降)となっております。冷蔵庫、洗濯機、ガステーブル、布団については、事務所が手狭なため、受付を一時休止しています。どうぞご理解ください。

——————————————————-

コロナ禍 励ましのお手紙

 私たちの活動は、多くの個人、団体の皆様からのご支援、ご協力によって成り立っています。心から感謝申し上げます。支援品に添えられた励ましのお手紙の中から一部をご紹介させていただきます。

コロナ禍 励ましのお便り 2021年4月

コロナ禍 励ましのお手紙 2021年1月

コロナ禍 励ましのお便り

これまでの励ましのお便りの数々

——————————————————

「ホームレス川柳大賞」

 2020年末に、「ホームレス川柳2020」を募集し、多くの投稿が当事者からありました。2021年2月6日のセミナー・食事会で、大賞始め各賞を発表し、表彰しました。

「年末恒例 ホームレス川柳大賞2020」作品集及び各賞

 2000年1月の河北新報に掲載された「ホームレス川柳2019」の記事です。

2020.1.23 河北新報夕刊「河北抄」

2018.8.22 お宅訪問 安否確認

8月 22nd, 2018

30度を超える厳しい暑さの中、安否確認を兼ねて、自律途中の独居者宅を何軒も訪ねました。

一人ひとりが抱えている課題解決の進捗状況を確認し合い、各種生活相談に乗りました。

帰り際に、熱中症対策のため水分補給を怠らないようアドヴァイスしました。

2018.8.21 食糧提供 感謝

8月 21st, 2018

ふうどばんく東北AGAIN様を通じて、米やパンの提供がありました。

早速、自律途中の独居者を何人も訪ね、手渡しました。

私たちの活動を覚え、支援してくださっている多くの団体、個人の皆様に、心から感謝いたします。

2018.8.20 定例 衛生改善事業

8月 20th, 2018

月曜定例の衛生改善事業がおこなわれ、路上生活者たちが、洗濯物を携えやって来ました。

参加者は、順番にシャワーで汗を流し、洗濯で身の回りをきれいにしました。待ち時間には、肉団子旨煮定食で空腹を満たしました。

本日は、開始前に到着した参加者が、自主的に会場周辺の掃き掃除をしてくれました。

2018.8.18 有償清掃ボランティア

8月 18th, 2018

晴天の下、早朝7時から、路上生活者による清掃作業を行いました。

参加者は、二班に分かれ、チリバサミとゴミ袋を手に、市内中心部をきれいに清掃しました。参加者全員が拾ったゴミをまとめた後、冷たいお茶で一息つき、それぞれ戻って行きました。

この活動は、路上生活者が、今日一日の糧を得るために、また、就労意欲を失わないようにするために、仙台市から一部助成を受けて実施しています。

2018.8.17 物資提供 感謝

8月 17th, 2018

本日、COOPフードバンク様が、物資の提供をしてくださいました。

COOPフードバンク様からは、定期的に物資の提供を頂戴しており、仙台夜まわりグループの路上生活者、生活困窮者支援活動のために、有効活用させていただいています。

私たちの活動を支えてくださっている多くの団体、個人の皆様に、感謝します。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。