2020.2.15 ビッグイシュー販売員 激励

2月 15th, 2020

仙台市内でビッグイシューを販売している当事者を訪ね、励まし、エールを送りました。

ビッグイシューは、ホームレスだけが販売できる雑誌で、これまで多くの方々が、ビッグイシュー販売をきっかけに自律を果たして来ました。

私たちも、販売員の支援をおこなっています。

仙台市内で販売員をお見かけの際は、購入のほど、よろしくお願いいたします。

2020.2.15 有償清掃ヴォランティア

2月 15th, 2020

生活のリズムを取り戻し、働く意欲を失わないようにすることを目的とした清掃ヴォランティア活動が行われ、早朝にも関わらず、多くの路上生活者が集まりました。

参加者は、二つのグループに分かれて仙台市内を清掃し、吸殻、空き缶、ペットボトルなどを丁寧に拾い集めました。

ゴミを大きな袋にまとめた後に、お茶で一息つき、それぞれ戻って行きました。

仙台では、路上生活者たちが、町の美化に貢献しています。

2020.2.13 第52回 大人食堂(第774回 ゆっくり過ごす会)

2月 13th, 2020

誰でも参加自由で、みんなでその場をつくることをコンセプトにした大人食堂が行われました。

時間前から、みやぎNPOプラザに集まっていた参加者たちは、切り干し大根ご飯で空腹を満たし、ドリップコーヒー、新聞、映画鑑賞で、午前のひと時をゆっくり過ごしました。

最近路上生活に陥ってしまったという参加者から相談があり、HELP!みやぎで諸提案をし、伴走を約束しました。

2020.2.11 第49回 依存症自助ミーティング

2月 11th, 2020

毎月第二火曜定例の依存症ミーティングに、住まいを確保してやり直しを目指している元当事者が、自主的に集まりました。

本日は、「チェンジングレーン」という依存症をテーマにした映画を鑑賞しました。

参加者は、真剣な表情で、映画に見入っていました。

仙台夜まわりグループでは、アルコールやギャンブル等の依存に苦しむ元当事者たちが、人生のやり直しをすることができるような機会づくりを、継続していきます。

2020.2.11 イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン 参加

2月 11th, 2020

イオン鈎取店様の、幸せの黄色いレシートキャンペーンに参加しました。

幸せの黄色いレシートキャンペーンは、買い物後に受け取った黄色いレシートを、地域のボランティア団体名が書かれた店内備え付けのBOXに投函することで、レシート合計の1%分の品物をイオン様が各団体に寄贈する取り組みです。

多くの方々が、仙台夜まわりグループの活動をおぼえ、寄付してくださいました。

心から感謝いたします。

2020.2.10 定例 衛生改善事業

2月 10th, 2020

当事者たちが、身の回りを清潔にし、自立への思いを失わないようにすることを目的に、仙台市の委託事業としておこなっている衛生改善事業が行われました。

厳しい寒さの中、震えながら集まった当事者は、順番に、熱いシャワーを浴び、衣類等を洗濯しました。待ち時間は、スタッフ手作りのライスカレーやパスタ、バレンタインディチョコレートで空腹を満たしました。

2020.2.8 有償清掃ヴォランティア活動

2月 8th, 2020

当事者たちが、今日の糧を得、自立への思いを失わないようにすることを目的とした、有償清掃ヴォランティア活動が行われました。

早朝7時に、集合した路上生活者たちは、2班に分かれ、ちりバサミと袋を手に、JR仙台駅前の路上に捨てられていた吸い殻、空き缶、空き瓶、ペットボトル等を、丁寧に拾い集めました。

最後に、ゴミを大きな袋にまとめた後、熱いお茶で体を暖め、それぞれ戻って行きました。

この活動は、仙台市から一部助成を受けて、毎月第二、第三、第四土曜日に実施しています。

2020.2.6 月例 支援者懇談会

2月 6th, 2020

仙台市健康福祉局保護自立支援課と、路上生活者支援に携わるNPO法人等が一堂に会し、直近の仙台市内ホームレスの情報交換や、ホームレス、生活困窮者への支援施策に関する検証を行いました。

仙台夜まわりグループでは、路上生活者、生活困窮者との出会いを大切にし、名前と顔が一致する支援を心がけ、社会のセイフティーネットの脆弱さや路上生活者を生み出し続ける構造的な問題を明らかにし、徹底して路上からの視点で、政策提言を続けていきます。

2020.2.6 第51回 大人食堂(第773回 ゆっくり過ごす会)

2月 6th, 2020

手先足先が凍りつくような厳しい寒さの中、みやぎNPOプラザで大人食堂を開催しました。

震えながら開始を待ちわびていた路上生活者、生活困窮者たちは、暖かい部屋で、スタッフ手作りのドライカレーで空腹を満たし、ドリップコーヒー、新聞、映画鑑賞、散髪で、午前中のひと時をゆっくり過ごしました。

本日未明の深夜夜まわりで行き合い支援カレンダーを手渡した路上生活者が、地図を頼りに初参加してくれました。本人からの切なる要請に応え、寝袋と支援物資を手渡しました。

大人食堂は、誰でも参加自由で、みんなの提案やカンパを持ち寄って運営することをコンセプトに、毎週木曜日におこなっています。

2020.2.6 深夜夜まわり

2月 6th, 2020

通常の夜まわりでは出会えない路上生活者と出会うべく、日付が変わる深夜に、夜まわりを行いました。

今季最強の寒波の中、JR仙台駅周辺を始め、地下道や繁華街、公園で、これまで出会ったことがない当事者を確認しました。

寒さに眠れずにいた当事者に声をかけ、また、身を縮ませて眠る一人ひとりの枕元に、支援のチラシを置きました。

この活動は、厳寒の仙台で、とりわけ11月から翌3月までの越冬支援期間、生活困窮者、路上生活者の命をつなぐ場となっています。

越冬支援のこの時期、当事者たちに提供する男性用防寒着、ホッカイロ、運動靴、チョコレート、飴等の甘味の提供を募っています。どうぞよろしくお願い申し上げます。