2021.9.18 依存症者 清掃活動

9月 18th, 2021

アルコールやギャンブル依存症から回復を目指す元当事者たちが、規則正しい生活を身につけることを目的にした、清掃活動を実施しました。

雨天にもかかわらず、朝9時に集合した参加者たちは、若林区内の公園周辺を清掃しました。

作業終了後、ペットボルのお茶で一息つき、次回の活動を打ち合わせした後、それぞれ戻って行きました。

2021.9.18 有償清掃ヴォランティア

9月 18th, 2021

台風14号の影響による強い雨の中、清掃ヴォランティア活動をおこないました。

早朝7時前に集合した路上生活者たちは、仙台市内の公園に捨てられていた吸い殻、ペットボトル、空き缶等を拾い集めました。

作業終了後、お茶で一息つき、それぞれ戻って行きました。

この活動は、路上生活が今日の糧を得、自立への思いを失わないようにすることを目的に、仙台市から一部助成を受けて実施しています。

2021.9.16 第130回 大人食堂(第852回 ゆっくり過ごす会)

9月 16th, 2021

雨上がりの朝に、大人食堂をおこないました。

時間前から、開始を待ちわびていた参加者たちは、非接触型体温計による検温と手の消毒の後、ソーシャルディスタンス確保のため二つの部屋に分かれ、おにぎり、カップ麺、コッペパン、菓子等で空腹を満たし、血圧測定や健康相談、散髪で、午前のひとときを過ごしました。

帰り際の一人ひとりに、仙台市が実施するワクチン接種のチラシを手渡しながら、週末に予定されている清掃活動や炊き出しに参加してくれるよう、声をかけました。

2021.9.16 深夜夜まわり

9月 16th, 2021

通常の夜まわりが終了した後、寝床に戻って来る路上生活者を確認すべく、日付が変わる深夜に巡回を行いました。

雨の中、仙台駅周辺や地下道で、横たわっている当事者の枕元に、支援活動スケジュールを置きました。

2021.9.14 第67回 依存症自助ミーティング

9月 14th, 2021

仙台夜まわりグループが主催して、毎月開催している依存症ミーティングに、居所を確保した元当事者たちが、自主的に集まりました。

毎回参加者の合議で話し合いのテーマを決めていますが、本日は、「親との関係」としました。

それぞれが、幼い頃からの親との関係に思いを巡らせ、語っていました。

仙台夜まわりグループでは、路上生活に陥ってしまう根本的な原因を探り、そこに届くよう丁寧な関わりをし、それぞれの自律の実現に向けて伴走しています。

2021.9.13 定例 衛生改善事業

9月 13th, 2021

路上生活者が、身の回りを清潔にし、自立への思いを失わないようにすることを目的とした衛生改善事業がおこなわれました。

晴天の下、市内中心部から徒歩で1時間以上かかる会場に、洗濯物を抱えてやって来た参加者たちは、非接触型体温計による検温や手洗い、消毒の後、順番にシャワーを浴び、衣類等を洗濯しました。

待ち時間には、豚汁定食で空腹を満たしました。

この活動は、仙台市の委託事業として実施しています。

2021.9.11 依存症者 清掃活動

9月 11th, 2021

アルコールやギャンブル依存症からの回復を目指す元当事者たちが、規則正しい生活を身につけることを目的とした、清掃活動を実施しました。

曇り空の下、朝9時前に集合した参加者たちは、若林区内の住宅街付近のゴミ拾いを丁寧におこないました。

この活動は、一般社団法人パチンコ・パチスロ社会貢献機構様から助成を受けて実施しています。

2021.9.11 有償清掃ヴォランティア

9月 11th, 2021

路上生活が今日の糧を得、自立への思いを失わないようにすることを目的とした清掃ヴォランティア活動をおこないました。

朝7時前に集合した参加者たちは、2つのグループに分かれて、仙台駅東口付近の歩道に捨てられていた吸い殻、ペットボトル、空き缶等を丁寧に拾い集めました。

作業終了後は、ペットボトルのお茶で一息つき、それぞれ戻って行きました。

この活動は、仙台市から一部助成を受けて実施しています。

2021.9.10 勉強会 発題

9月 10th, 2021

フードバンク東北AGAIN様、一般社団法人 チーム王冠様が主催する勉強会の発題者として招かれ、仙台夜まわりグループの活動と、コロナ禍における仙台市内の路上生活者、生活困窮者の現状を発表しました。

発題後の懇談で、路上生活者を始め生活困窮者支援は「自助」「共助」のみならず、コロナ禍の今こそ「公助」が必要不可欠であること、今後、枠組みを超えた各団体、行政との協働が急務であることを確認し合いました。

2021.9.9 月例 支援者懇談会

9月 9th, 2021

仙台市健康福祉局担当部署と、路上生活者支援に携わる団体が一堂に会し、路上生活者、生活困窮者支援施策について話し合いました。

本日は、路上生活者、生活困窮者への新型コロナウイルスワクチン接種についての詳細も確認しました。

仙台夜まわりグループは、社会のセイフティーネットの脆弱さや、路上生活者を生み出し続ける構造的な問題を明らかにし、当事者に寄り添いつつ、路上からの視点で政策提言を続けていきます。