2021.12.21 伴走支援 病院同行

12月 20th, 2021

居宅を確保し、路上生活を脱却した方から、「今後のことが不安で堪らず、夜も眠れない」という切実な相談があり、専門家のアドバイスを受けるため、医療機関に同行しました。

受診後、少しだけ表情が穏やかになり、本人も続けて通院することを望んでいました。

仙台夜まわりグループでは、路上生活を脱却した後も、地域社会で孤立しないよう見守りと伴走支援を継続しています。

2021.12.20 定例 衛生改善事業

12月 20th, 2021

指先が悴む寒い朝に、衛生改善事業がおこなわれ、路上生活者たちが洗濯物を抱え、会場にやって来ました。

参加者は、熱いシャワーを浴び、衣類等を洗濯して身の回りを清潔にしました。

待ち時間に、唐揚げ定食と、ヴォランティア手作りのブッシュドノエルで空腹を満たしました。

毎週月曜に開催しているこの活動は、厳寒の仙台で、とりわけ11月から翌年3月までの越冬支援期間、当事者たちの命をつなぐ場となっています。

皆様からのカンパや物資提供のご協力を、何卒よろしくお願いします。