2022.3.31 第156回大人食堂(第878回 ゆっくり過ごす会)

3月 31st, 2022

木曜定例の大人食堂を、みやぎNPOプラザで開催しました。

時間前から開始を待ち侘びていた大勢の参加者たちは、おにぎりやカップ麺、バナナ、菓子で空腹を満たし、血圧測定、健康相談、コーヒーで、午前のひと時を過ごしました。

居宅を失って路上生活に陥ってしまったという高齢の参加者から相談があり、HELP!みやぎ で諸提案をし、今後の伴走を約束しました。

大人食堂は、本日で156回、前身の「ゆっくり過ごす会」から数えて878回目を迎えました。

2022.3.30 夜まわり

3月 30th, 2022

今日の糧や居場所を得られない路上生活者たちの安否を確認し、食料などを提供すべく、夜まわりをおこないました。

スタッフは2班に分かれて仙台市内を巡回し、出会った一人ひとりに、おにぎり、みそ汁、バナナ、菓子、マスク、ホッカイロ等を配布しました。

別れ際に、週末にかけて予定されている大人食堂やセミナー・食事会に参加してくれるよう、声をかけました。

まん延防止等重点措置が終了して以来、仙台市内では、路上生活者が急増しています。

2022.3.28 衛生改善事業

3月 28th, 2022

月曜定例の衛生改善事業がおこなわれました。

市内中心部から、徒歩で1時間以上かけて集まった路上生活者たちは、非接触型体温計による検温と手洗いの後、熱いシャワーを浴び、衣類等を洗濯しました。

待ち時間に、具沢山のカレーライスやデザートで空腹を満たしました。

この活動は、路上生活者たちが身の回りを清潔にし、自立への思いを失わないようにすることを目的に、仙台市の委託事業として実施しています。

2022.3.26 月例 スタッフ会議

3月 26th, 2022

月例のスタッフ会議を開催し、昨年11月からの越冬支援活動全般を振り返り、来月以降新年度のスケジュール等を確認しました。

会議では、具体的な事例を元にケースミーティングもおこない、活発な議論が交わされました。

仙台夜まわりグループでは、当事者の側に立った自律支援施策を構築すべく、スタッフ会議や研修会を繰り返しています。

2022.3.26 公園 炊き出し

3月 26th, 2022

薄曇りの中、炊き出しをおこないました。

時間前から開始を待ち侘びていた当事者たちは、食育フードシステム東北株式会社様が作成してくださったカレーライスで空腹を満たし、ホッカイロやマスク、菓子等のお土産を手に、それぞれ戻って行きました。

毎月第四土曜日の公園炊き出しは、2000年7月28日に開始して以来、本日で272回目を数えました。

2022.3.26 依存症者 清掃活動

3月 26th, 2022

アルコールやギャンブルなどの依存症から回復を目指す元当事者たちが、規則正しい生活を身につけることを目的とした、清掃活動がおこなわれました。

雨上がりの朝9時前、市内住宅地に集合した参加者たちは、チリバサミとゴミ袋を手に、落ちていたゴミを丁寧に拾い集めました。

作業終了後、お茶や清涼飲料水で一息つき、それぞれ戻って行きました。

この活動は、一般社団法人パチンコ・パチスロ社会貢献機構様・宮城県遊技場協同組合様 から助成を受けておこなっています。

2022.3.26 有償清掃ヴォランティア

3月 26th, 2022

路上生活が今日の糧を得、自立への思いを失わないようにすることを目的とした、清掃ヴォランティア活動がおこなわれました。

強い冷え込みの中、早朝7時前に集まった参加者たちは、点呼の後、2つのグループに分かれて仙台駅東口周辺を清掃し、捨てられていた吸い殻、ペットボトル、空き缶、瓶等を丁寧に拾い集めました。

作業終了後に、熱いお茶と清涼飲料水で一息つき、それぞれ戻って行きました。

仙台市内では、路上生活者たちが街の美化に貢献しています。

2022.3.24 第155回 大人食堂(第877回 ゆっくり過ごす会)

3月 24th, 2022

晴天の下、定例の大人食堂がおこなわれました。

時間前から開始を待ち侘びていた参加者たちは、おにぎりやカップ麺、パン、バナナ、菓子等で空腹を満たし、血圧測定、健康相談、コーヒーで午前のひと時を過ごしました。

帰り際に、全国の支援者から提供された衣類や日用品を手に、それぞれ戻って行きました。

本日は、疲弊してこれ以上野宿に耐えられないという参加者から相談を受け、HELP!みやぎ で居所確保支援を約束しました。

2022.3.23 夜まわり

3月 23rd, 2022

今日の糧や居場所を得られない路上生活者たちの安否を確認し、食料などを提供すべく、夜まわりをおこないました。

強い冷え込みの中、スタッフは2班に分かれて仙台市内を巡回し、出会った当事者に、おにぎり、茹で卵、みそ汁、バナナ、菓子、マスク、ホッカイロを配布しました。

別れ際の一人ひとりに、週末にかけて予定されている大人食堂やセミナー・食事会に参加してくれるよう、声をかけました。

まん延防止等重点措置が全国で解除されて以来、仙台市内では、女性をはじめ新たな路上生活者が増加しています。

2022.3.22 支援物資提供 感謝

3月 22nd, 2022

みやぎ生協COOPフードバンク様、ふうどバンク東北AGAIN様から物資提供のお申し出があり、早速、受け取りに行きました。

頂戴した食料や清涼飲料水は、連日行っている支援や居宅見守り支援のために活用します。

私たちの活動は、多くの団体、個人の皆様のご理解、ご協力によって成り立っています。

心から感謝いたします。