2022.7.29 緊急 居宅確保支援

7月 29th, 2022

仕事と住まいを失い途方に暮れているという若い男性からのメールを受け、直接会い、相談に乗りました。

これまで懸命に働いてきたにもかかわらず最近職を失い、一週間ほど前から仙台市内で路上生活を余儀なくされているということでした。

本人の疲弊度を鑑み、人道的見地から、居宅確保支援を実施しました。

コロナ禍の影響で、仕事や住まいを失ってしまった30才代、40才代の方々からの相談が増加しています。

この活動は、赤い羽根共同基金様から 居場所を失った人への緊急活動応援助成  を受けて、SOSに対する緊急支援を実施し、さらに、当事者が路上生活を抜け出し居宅を確保した後も、必要に応じて緊急支援をおこない、本人たちが安心して生活できるよう伴走しています。

2022.7.29 居宅支援 安否確認 相談対応

7月 29th, 2022

昨日に引き続き、居宅を確保した多くの元当事者を訪問し、諸相談に応じました。

帰り際に、弁当や菓子、清涼飲料水を提供し、熱中症予防のため水分補給を怠らぬよう伝えました。

仙台夜まわりグループでは、元当事者たちが孤立せず地域に根付いていけるように、繰り返し訪問支援活動を行なっています。

2022.7.28 第191回大人食堂(第895回 ゆっくり過ごす会)

7月 28th, 2022

居場所を得られない当事者たちに、主賓としてゆっくり過ごしてもらうことを目的とした大人食堂を開催しました。

時間前から開始を待ちわびていた参加者たちは、検温と消毒の後、おにぎり、カップ麺、菓子等で空腹を満たし、血圧測定、健康相談で、午前のひと時を過ごしました。

本日は、全国の支援者が提供してくださった夏物衣類や日用品の配布もおこないました。

2022.7.27 深夜夜まわり

7月 28th, 2022

深夜夜まわりをおこないました。

駅通路や地下道などで横たわり、束の間の休息を取っている一人ひとりの枕元に、支援スケジュールを置きました。

深夜夜まわりは、通常の夜まわりが終了した深夜、寝床に戻ってくる路上生活者の安否を確認するため、2020年2月に開始し、本日で75回を数えました。

2022.7.26 依存症者レクリエーション

7月 26th, 2022

ギャンブルやアルコールなどの依存症から回復を目指す元当事者たちを対象にした、レクリエーションをおこないました。

本日は、市内の農業園芸センターに出かけ、ブルーベリー狩りを楽しみました。

参加者は、一粒一粒を大切に摘み取り、口に頬張っていました。

2022.7.22 河北新報 朝刊記事「パチンコ・パチスロ社会貢献機構 助成金贈呈式」

2022.7.25 衛生改善事業

7月 25th, 2022

曇り空の下、衛生改善事業が行われました。

重い荷物を抱え1時間以上かけて会場に辿り着いた当事者たちは、検温と手洗い、消毒の後、シャワーや洗濯で身の回りを清潔にしました。

待ち時間には、スタッフ手作りの肉じゃがやカレーライス、デザートで空腹を満たしました。

帰り際の一人ひとりに、手洗い、うがいを心がけるよう、呼びかけました。

この活動は、人混みのなか服の汚れや臭いが気になり肩身の狭い思いをしている、という路上生活者たちの切なる要請に応え、2002年8月に開始し、2005年4月から仙台市の委託事業として実施しています。

2022.7.23 月例 スタッフ会議

7月 23rd, 2022

月例のスタッフ会議を開催し、7月の活動全般を振り返り、8月以降のスケジュール等を確認しました。

会議では、具体的な事例をもとにケーススタディもおこない、活発な議論が交わされました。

仙台夜まわりグループでは、当事者の側に立った自律支援施策を提案、実施すべく、スタッフ会議や研修会を積み重ねています。

2022.7.23 公園 炊き出し

7月 23rd, 2022

薄曇り空の下、公園で炊き出しをおこないました。

時間前から会場の公園で開始を待ちわびていた当事者たちは、食育フードシステム東北株式会社様が作成してくださったカレーライスを何杯もお代わりして空腹を満たし、菓子、清涼飲料水、マスク、タオル、髭剃り等のお土産を手に、それぞれ戻って行きました。

第四土曜定例の公園炊き出しは、2000年7月28日に開始して以来、本日で276回目を数えました。

2022.7.23 依存症者 清掃活動

7月 23rd, 2022

依存症者による清掃ボランティア活動がおこなわれました。

朝9時前に、青葉区内の住宅地に集合した参加者たちは、チリバサミとゴミ袋を手に、歩道に落ちていたゴミを丁寧に拾い集めました。

作業終了後、お茶で一息つき、それぞれ戻って行きました。

この活動は、依存症から回復を目指す元当事者たちが、規則正しい生活を身につけることを目的として、毎月第二、第三、第四土曜日に実施しています。

2022.7.23 有償清掃ヴォランティア

7月 23rd, 2022

雨上がりの朝に、清掃ヴォランティア活動をおこないました。

仙台市中心部に集合した参加者たちは、点呼の後、2つのグループに分かれ、周辺の歩道に捨てられていた吸い殻、空き缶、瓶、ペットボトル等を丁寧に拾い集めました。

作業終了は、お茶で一息つき、それぞれ戻って行きました。

本日は、居所を失い途方に暮れているという初参加者から相談があり、今後の諸提案をし、本日昼に行われる炊き出しに誘導しました。

この活動は、路上生活が今日の糧を得、自立への思いを失わないようにすることを目的に、2004年10月から、仙台市の助成事業として実施しています。