2020.9.16 個人面談

9月 16th, 2020

居所を確保して路上を脱却した方々のお宅を何軒も訪問し、安否確認と個人面談を行いました。

今月は公営住宅の申し込みがあるため、書類の記入法等わからないことを教示しました。

仙台夜まわりグループでは、元当事者が再び路上生活に戻らないよう、また、孤立しないよう、繰り返し訪問支援活動を行なっています。

2020.9.14 定例 衛生改善事業

9月 14th, 2020

定例の衛生改善事業が行われました。数名の新規の方を含め、多くの参加がありました。シャワーの順番を待つ間、スタッフが用意した定食を食しました。

初めて参加した当事者には、聞き取りを行い、今後のことについて諸提案しました。

2020.9.13 緊急 食糧支援

9月 13th, 2020

「数日間、何も食べていない、助けてほしい」とSOSの電話が入り、緊急で待ち合わせ、夜間の食糧支援をおこないました。

コロナの影響により失業し、先月27日に北海道から仕事を探しに来たが、仕事がみつからないまま手持ち金が底をつき、何も食べることができず途方にくれていました。

社会の最も見えにくいところで、コロナウイルスの社会的影響がでています。

2020.9.12 依存症者 清掃活動

9月 12th, 2020

アルコールやギャンブル依存からの回復を目指す元当事者たちが、規則正しい生活を身につけることを目的とした、清掃活動を実施しました。

激しい雨の中、朝9時に集合した参加者たちは、若林区内の住宅街付近のゴミ拾いを丁寧におこないました。

この活動は、一般社団法人パチンコ・パチスロ社会貢献機構様から助成を受けて実施しています。

2020.9.12 有償清掃ヴォランティア

9月 12th, 2020

路上生活が今日の糧を得、自立への思いを失わないようにすることを目的に、仙台市から一部助成を受けて実施している清掃活動に、多くの当事者が参加しました。

雨の早朝にも関わらず集まった大勢の参加者は、2つのグループに分かれ、仙台席東口周辺の歩道に捨てられていた吸い殻、ペットボトル、空き缶等を丁寧に拾い集めました。昨日、プロ野球の楽天戦のホームゲームがあったからでしょうか、思いの外ゴミがたくさんのゴミが落ちていました。

作業終了後は、お茶で一息つき、それぞれ戻って行きました。

仙台市内では、路上生活者が街の美化に貢献しています。

2020.9.10 第81回 大人食堂(第803回 ゆっくり過ごす会)

9月 10th, 2020

木曜定例の大人食堂が、みやぎNPOプラザで行われました。

時間前から集まって、開始を待ち詫びていた参加者たちは、非接触型体温計での検温とアルコール消毒の後、ライスカレーやおにぎり、カップ麺で空腹を満たし、新聞を読むなどして午前のひとときを過ごしました。

路上生活に陥り、途方に暮れているという複数の参加者から相談があり、HELP!みやぎで対応し、伴走を約束しました。

2020.9.10 深夜夜まわり

9月 10th, 2020

定例の午後8時からの夜まわりでは出会えない路上生活者と出会うべく、深夜に巡回を行い、新たな当事者を確認しました。

仙台駅や公園、地下道で、眠っている一人ひとりの枕元に、支援活動スケジュールとマスクを置き、眠れず起きていた当事者としばらく話をしました。

2020.9.8 第55回 依存症自助ミーティング

9月 8th, 2020

仙台夜まわりグループが主催して、毎月開催している依存症ミーティングに、部屋を確保してやり直しを目指している元当事者が、自主的に集まりました。

毎回参加者の合議で話し合いのテーマを決めていますが、本日は、「熱中症対策」としました。それぞれが、食事のことや水分補給の方法について、語っていました。

仙台夜まわりグループでは、路上生活に陥ってしまう根本的な原因を探り、丁寧な関わりをし、自律の実現に向けて伴走しています。

2020.9.7 定例 衛生改善事業

9月 7th, 2020

路上生活者が、身の回りを清潔にし、自立への思いを失わないようにすることを目的とした衛生改善事業が行われました。

台風一過、厳しい暑さの中集まった参加者たちは、検温や手洗いの後に、順番にシャワーを浴び、衣類等を洗濯しました。

待ち時間には、スタッフ手作りのラタトゥイユ風具沢山スープ定食で空腹を満たしました。

食と住まいを失い路上生活に陥ってしまったという初参加者から相談があり、HELP!みやぎで諸提案をし、今後の伴走を約束しました。

この活動は、仙台市の委託事業として実施しています。

2020.9.5 セミナー・食事会

9月 5th, 2020

第一土曜定例のセミナー・食事会を、弁当配布という形で行いました。

仙台福祉プラザの軒下に集まった当事者たちは、清掃アルバイト登録をした後、焼き鯖弁当、チキンカツ弁当、唐揚げ弁当を食べ、支援物資を手にしました。

食と住まいを失って路上生活に陥り、途方に暮れているという初参加に支援活動スケジュールを渡し、今後の伴走を約束しました。