2022.10.6 第200回大人食堂(第904回 ゆっくり過ごす会)

10月 6th, 2022

冷え込みの中、大人食堂をおこないました。

開始前から会場に集まって来ていた参加者たちは、検温と消毒の後、おにぎり、カップ麺、パン、菓子等で空腹を満たし、血圧測定、健康相談、散髪、コーヒーで午前のひと時を過ごしまた。

この活動は、居場所を得られない当事者たちに、主賓としてゆっくり過ごしてもらうことを目的として、2005年4月以来、年中無休で開催しています。

厚労省 ホームレスの実態に関する全国調査(概数調査) 結果

10月 6th, 2022

仙台夜まわりグループでは、今年1月12日に、厚労省によるホームレス概数調査の委託を受け、仙台市内で調査を実施しました。

去る4月26日に、厚労省が公表した結果によると、宮城県内の路上生活者数は89人、仙台市内は88人でした。仙台市以外の宮城県内で確認した1人は気仙沼市内ということでした。

近年、全国的に路上生活者の数は大幅減少傾向にも関わらず、仙台市では昨年比で12人増加しており、東京23区及び政令指定都市(21都市)の中で5番目の多さとなっています。

調査が実施された1月の仙台は、コロナ禍の中、連日厳しい寒さが続き、当事者たちは建物の陰などで身を隠すように過ごしており、調査で目視できなかった、いるはずなのに確認できなかった方々が調査人数に反映されておらず、さらに、車上やネットカフェ、24時間営業のファストフード店で過ごしている数もカウントされていません。

仙台市内で路上生活者が増加傾向にあることの原因を分析しつつ、一人でも多くの路上生活者がやり直しを実現すべく、支援活動での出会いを大切にしていく所存です。

2022年1月全国ホームレス概数調査結果
全国 3,448人(昨年 3,824人 ▲376人)、宮城県89人(昨年77人 △12人)、仙台市 88人(昨年76人 △12人)。

2022年 厚労省 ホームレスの実態に関する全国調査(概数調査)結果

2022.10.5 深夜夜まわり

10月 6th, 2022

日付の変わる深夜に仙台市内の巡回をおこないました。

強い冷え込みの中、駅通路や地下道などで横たわり、束の間の休息を取っている一人ひとりの枕元に、支援活動スケジュールを置きました。

この活動は、通常の夜まわりの後に、それぞれ寝床に戻ってくる路上生活者の安否を確認するため、2020年2月に開始し、本日で81回を数えました。

「屋根のある人たち」における現代的課題

10月 4th, 2022

地下鉄駅バスターミナルに、荷物をたくさん持った高齢女性がいるという連絡を受け、急ぎ出かけ、相談に乗りました。その一部を報告します。

「屋根がある人たち」における現代的課題

2022.10.3 衛生改善事業

10月 3rd, 2022

曇り空の下、衛生改善事業が行われました。

重い荷物を抱え1時間以上かけて会場に辿り着いた当事者たちは、検温と手洗い、消毒の後、シャワーや洗濯で身の回りを清潔にしました。

待ち時間には、スタッフ手作りの朝定食で空腹を満たしました。

この活動は、人混みのなか服の汚れや臭いが気になり肩身の狭い思いをしている、という路上生活者たちの切なる要請に応え、2002年8月に開始し、2005年4月から仙台市の委託事業として実施しています。

2022.10.2 仙台市内の路上生活者を対象としたアンケート調査 結果

10月 2nd, 2022

仙台夜まわりグループでは、6月4日、7月2日、8月1日、10月1日の計4回、当事者たちの協力を得て、路上生活の実態に関する詳細なアンケート調査を実施しました。

一部を抜粋して紹介します。

今後も、国や行政施策の不備が生み出し続けている、路上生活や生活困窮せざるを得ない方々への具体的なアンケート調査を継続し、今この時の実情と、喫緊の課題を政治に提言していく所存です。

2022.10.1 仙台市内の路上生活者を対象としたアンケート調査結果

2022.8.1 仙台市内の路上生活者を対象としたアンケート調査結果

2022.7.2 仙台市内の路上生活者を対象としたアンケート調査結果

2022.6.4 台市内の路上生活者を対象としたアンケート調査結果

2022.10.1 セミナー・食事会

10月 1st, 2022

晴天の下、セミナー・食事会をおこないました。

空腹を抱えて集まった路上生活者たちは、清掃アルバイト登録の後、ご飯お代わり付のハンバーグ弁当、鶏唐揚げ弁当、チキン南蛮弁当、野菜炒め弁当から一つを選んで空腹を満たしました。

食事会に先立つセミナーでは、路上生活に関する詳細なアンケート調査の後、昨年死去した当法人のスタッフや先に亡くなった仲間たちを偲び、献花と黙祷をしました。

セミナー・食事会は、当事者たちに腹を満たしてもらうのみならず、活用できる公的扶助、最低賃金等「人間」として生きる権利を確認し、互いの喜びと悲しみを分かち合う場とすべく、2003年11月に開始し、毎月第一土曜日のお昼に開催しています。

大学講演「仙台・宮城におけるホームレスの変遷」

9月 30th, 2022

8月1日におこなった、大学での講演「仙台・宮城におけるホームレスの変遷」を抜粋してご紹介します。

大学講演「仙台・宮城におけるホームレスの変遷」

2022.9.30 居宅支援 安否確認 相談対応

9月 30th, 2022

昨日に引き続き、居宅を確保した多くの元当事者を訪問しました。

近況を尋ね、諸相談に応じた後、パンや清涼飲料水を提供しました。

仙台夜まわりグループでは、元当事者たちが孤立せず地域に根付いていけるように、繰り返し訪問支援活動を行なっています。

2022.9.29 第199回大人食堂(第903回 ゆっくり過ごす会)

9月 29th, 2022

大人食堂をおこないました。

開始前から会場に集まって来ていた参加者たちは、検温と消毒の後、おにぎり、カップ麺、バナナ、パン、菓子等で空腹を満たし、血圧測定、健康相談、コーヒーで午前のひと時を過ごしまた。

この活動は、居場所を得られない当事者たちに、主賓としてゆっくり過ごしてもらうことを目的として、2005年4月以来、毎週実施しています。